サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 敗れたフェルスタッペン「僕はひとりだった」と発言。ペレスの改善がF1タイトル争いの鍵に

ここから本文です
 元F1ドライバーで現在解説者を務めるマーティン・ブランドルが、2021年にレッドブル・ホンダに加入したセルジオ・ペレスは、チームと僚友マックス・フェルスタッペンのために、できるだけ早くマシンに慣れて、より優れたパフォーマンスを発揮する必要があると語った。

 ペレスはイモラで予選2位を獲得するなど、速さを見せてはいるものの、ここまでの4戦のなかで、トラブルが発生したこともあり、獲得点数は32点で、ドライバーズランキング6位にとどまっている。フェルスタッペンは80点を獲得し、ルイス・ハミルトンに次ぐ2位につけている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン