サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 阪神高速初のETC専用料金所、5月27日より運用開始

ここから本文です

阪神高速道路は、5か所の料金所をETC専用として5月27日(金)0時から運用開始すると発表した。

高速道路会社6社は、近年のETC利用率拡大などの社会情勢の変化を踏まえ、計画的にETC専用化等を推進。すでに首都高をはじめ、中央道、圏央道、外環道などでETC専用料金所の運用が始まっている。

今回ETC専用となる阪神高速の料金所は、2号淀川左岸線・淀川左岸舞洲、4号湾岸線・高石/岸和田南(南行)、5号湾岸線・西宮浜/甲子園浜の5か所。阪神高速では初のETC専用料金所となる。

ETC専用料金所では、ETC車載器を搭載していない車両は通行できない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン