サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 4代目メルセデス・ベンツ Eクラスで、マークすべきはE250CGIの新開発エンジンだった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です
2009年、デトロイトショーでW212型(4代目)メルセデス・ベンツ Eクラスがデビュー。新たに採用された運転支援システムをはじめとした最新のテクノロジーや新しいスタイリングが大きな注目を集めた。ここでは日本市場登場を前に、スペイン・マドリッドで行われた国際試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2009年6月号より)

乗らなければわからない部分にも大きな進化
7年ぶりのフルモデルチェンジを受けた新型メルセデス・ベンツ Eクラスだが、正直に言って初めて対面したときの印象は、期待に胸躍るというほどのものではなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン