サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「この世のモノとは思えない」ハミルトンの”驚愕”ポールポジションアタックに、メルセデスF1代表脱帽|F1シュタイアーマルクGP予選

ここから本文です

 レッドブルリンクで行なわれている2020年のF1第2戦シュタイアーマルクGP。その予選は大雨に見舞われ、大荒れの結果となった。

 そんな中でポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。これは彼にとって、通算89回目のポールポジションである。ただ圧巻はそのラップタイム。2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に1.2秒の大差をつけたのだ。

■まさに水を得た魚。圧巻ポールのハミルトン「マシンと調和した、完璧なラップだった」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ハミルトンのパフォーマンスについて、「危険と隣り合わせの、素晴らしいラップだった」と称賛した。

おすすめのニュース

サイトトップへ