サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1技術解説 オーストリアGP:2019年型メルセデスF1の影響を受けたレッドブルの新型ノーズ

ここから本文です

 地元レッドブルリンクで開催された第1戦オーストリアGPで、レッドブル・ホンダはより丸みを帯びたノーズを投入した。中央上部の吸入口も、ふたつに分かれていない(赤矢印参照)。一方でフロントウイングを支える2本の支柱は、より中央に寄り間隔が狭くなった。

ボッタス「電気ノイズの問題は、解決とはいえないものの、ある程度改善」メルセデス F1シュタイアーマルクGP金曜

 これは明らかに、メルセデスの影響といえるだろう(黄色矢印参照)。さらに支柱自体も、細くなっているのがわかる(青矢印参照)。その結果、前方からの気流はノーズ両側に付けられたケープ状のターニングベインへと、よりスムーズに流れて行く。このケープ自体、メルセデスが昨年のW10で採用したものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ