サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019年輸入車ナンバーワンは「MINI」?それともVW「ゴルフ」?

ここから本文です

2019年輸入車ナンバーワンは「MINI」?それともVW「ゴルフ」?

■2019年の輸入車販売は2018年にくらべて4.9%減少

 2019年1月9日に、日本自動車輸入組合(JAIA)は、2019年1月から12月までの年間の輸入車新規登録台数を発表しました。

アウディ新型「A1 スポーツバック」を発表 モデルチェンジで3ドアを廃止し、5ドアのみの展開

 外国メーカー車モデル別新車登録台数順位ベスト10を見てみると、以下のようになります。

1位 BMW「MINI」 2万3813台
2位 フォルクスワーゲン「ゴルフ」 1万9524台
3位 メルセデス・ベンツ「Cクラス」 1万7210台
4位 メルセデス・ベンツ「Aクラス」 1万1197台
5位 フォルクスワーゲン「ポロ」 1万765台
6位 BMW「3シリーズ」 1万235台
7位 ボルボ「40シリーズ」 8333台
8位 ボルボ「60シリーズ」 7560台
9位 メルセデス・ベンツ「Eクラス」 7285台
10位 メルセデス・ベンツ「GLC」 5636台

※ ※ ※

 2019年の輸入車登録台数ナンバーワンモデルはMINIになりました。MINIは2016年から4年連続して1位となっています。

 ただしMINIの場合、MINI3ドア/5ドア/コンバーチブル/クラブマン/クロスオーバーのボディタイプや、JCW(ジョン・クーパー・ワークス)も含みます。

 2位のゴルフは、モデル末期ということもあり、前年の2万1316台から台数を減らしています。

 3位のCクラスは例年どおりですが、4位には2019年にフルモデルチェンジを果たしたAクラスがランクイン、昨年の12位から大きく順位を伸ばしています。

 2019年の外国メーカー車の輸入車新規登録台数は29万8378台(乗用車)になりました。2018年は30万8389台だったので、前年対比は96.8%となります。また日本メーカー車を含めた輸入車新規登録台数は32万6261台(乗用車)で、前年対比は95.2%でした。

 ブランド別の年間新規登録台数を見ていくと、次のようになります。

1位 メルセデス・ベンツ 6万6553台(前年対比98.5%)
2位 BMW 4万6814台(前年対比91.8%)
3位 フォルクスワーゲン 4万6794台(前年対比90.1%)
4位 アウディ 2万4222台(前年対比91.5%)
5位 BMW MINI 2万3813台(前年対比91.6%)
6位 トヨタ 2万1931台(前年対比95.4%)
7位 ボルボ 1万8583台(前年対比104.4%)
8位 Jeep 1万3360台(前年対比116.8%)
9位 プジョー 1万3360台(前年対比107.5%)
10位 日産 9394台(77.0%)

※ ※ ※

 1位のメルセデス・ベンツの輸入車におけるシェア率は19.1%です。トップ5はすべてドイツブランドでしたが、いずれも前年対比で新規登録台数を減らしています。

 10位以下で好調だったブランドを見ると、12位のポルシェ(7192台。前年対比100.4%)、16位のランドローバー(4560台。前年比114.8%)、17位のシトロエン(4115台。前年比115.5%)などが挙げられます。フランスやイギリスのブランドが元気を取り戻した感じです。

 2019年の外国メーカー車の輸入車新規登録台数は29万8378台(乗用車)になりました。2018年は30万8389台だったので、前年対比は96.8%となります。また日本メーカー車を含めた輸入車新規登録台数は32万6261台(乗用車)で、前年対比は95.2%でした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します