サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セルゲイ・シロトキン、2020年もルノーF1のリザーブドライバーを担当。万が一の事態に備え全レースに帯同

ここから本文です

 ルノーは6月30日、昨年に引き続きセルゲイ・シロトキンをリザーブドライバーとして起用することを発表した。

 現在24歳のシロトキンは、2017年にルノーのリザーブドライバーを務めると、翌2018年はウイリアムズの正ドライバーとしてF1に参戦。入賞1回を記録した。そして2019年は再びルノーのリザーブとしてレースウィークエンドに帯同していた。

■もうF1には戻ってこれないかも……シロトキンは“セカンドキャリア”を歩み始める?

 そしてルノーは2020年もシロトキンにリザーブドライバーを任せることを決定。開幕戦のオーストリアGPを皮切りに全戦帯同させることを認めた。

「リザーブドライバーとしてルノーに戻れたことは素晴らしいことだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ