サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、米国での車載用電池生産に3800億円投資へ

ここから本文です

トヨタ自動車は10月19日、カーボンニュートラル実現に向けた電動化推進のため、米国において2030年までにBEV用を含む車載用電池の現地生産に約3800億円(約34億ドル)を投資すると発表した。

この投資は、2021年9月に公表した、2030年までにグローバルにおける電池供給体制の整備と研究開発を行うための投資約1兆5000億円の一部となる。

トヨタではこれまでグローバルで累計1870万台、米国で450万台の電動車を販売。現在米国販売における電動車の比率は約25%だが、2030年には約70%となる見込み。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン