サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 400馬力の「400R」に日産ファン乱舞! スカイラインに「やっと」熱い走りが蘇ったワケ

ここから本文です

400馬力の「400R」に日産ファン乱舞! スカイラインに「やっと」熱い走りが蘇ったワケ

 スカイラインに久々復活となった俊足グレード!

 国産メーカーのなかでも、意外にもセダンのラインアップが豊富な日産。執筆時点での国内販売車種を見ても、シルフィ、スカイライン、フーガ、シーマと4車種が存在し、つい先日まではティアナもラインアップしていたほど。

スポーツセダンじゃないのに本気で走るとヤバイ俊足オヤジセダン3選

 しかし、セダン受難の現代の日本では決して販売好調とはいえず、シルフィなどは海外仕様はフェイスリフトをしたにも関わらず、日本仕様はマイナーチェンジさえ行われない放置っぷりとなっている。

 そんななか、ひとり気を吐くのが日産の伝統的な車種のひとつであるスカイラインだ。通算13代目となる現行モデルは2014年に登場しており、決して新しいモデルではないのだが、2019年7月にビッグマイナーチェンジを果たし、販売好調なのである。

 マイナーチェンジ時の目玉としてはハイブリッドモデルに新設定されたプロパイロット2.0が挙げられる。これはステアリングアシストもプラスした運転支援システムであるプロパイロットの進化版で、条件さえ整えばハンズオフ(手放し)運転も可能となるものだ。

 しかし、販売面で好調なのはこのプロパイロット2.0搭載グレードだけではなく、久しぶりの日産製ターボエンジンVR30DDTT型を搭載したモデル。なかでもスカイライン史上最強のスペックを誇る405馬力を発生する400Rの販売が好調となっている。

 残念ながらターボモデルにはプロパイロット2.0は備わらないが、ハイブリッドのもっとも安価なGTグレードとほぼ変わらない価格で400Rに手が届くというのも人気の要因のひとつだろう。

 400Rは日産が再び日本市場を重視し始めた「証」ともいえる

 そもそもスポーツセダンとして名を馳せたスカイラインだけに、いまだにスカイライン=俊足セダンというイメージを持つユーザーは少なくない。従来型にもスポーティなグレードこそ設定されていたものの、やはり強心臓を持ったスカイラインを待ちわびていたユーザーは多かったということなのかもしれない。

 とはいえ、このV6 3リッターエンジンは輸出仕様のスカイライン、いわゆるインフィニティQシリーズに2016年モデルから搭載されていたわけで、長らく続いた日産の日本市場軽視の姿勢が変わってきたとも考えることができそうだ。

 400Rという名前はR33型時代、GT-RをベースにNISMOが手掛けたスペシャルモデルと重なるため違和感を覚える人もいるようだが、こちらは日産謹製のカタログモデル。

 実際に乗ってみるとそれぞれの立ち位置なども感じられ面白いし、なによりスカイラインに「R」の名前が戻ってきたことを喜ぶべきだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します