サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボッシュの二輪車向けスタビリティコントロール、電動バイクに初搭載…EICMA 2019

ここから本文です

ボッシュ(Bosch)は、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー2019」(EICMA 2019)において、二輪車向けのスタビリティ コントロールの「MSC」が、電動二輪車として初めて、『Zero SR/F』に搭載された、と発表した。

Zero SR/Fは、米国カリフォルニア州に本拠を置く「ゼロ・モーターサイクルズ」が開発・生産する電動バイクだ。モーターは最大出力110hp、最大トルク19.3kgmを引き出し、最高速200km/hの性能を発揮する。

バッテリーは、蓄電容量14.4kWhのリチウムイオンだ。