サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 警報機も遮断機もない踏切「第4種踏切」って何?

ここから本文です

 道路と線路が交差する「踏切」。列車が接近すると「カンカンカンカン……」と警報機が鳴り響き、遮断機が降りてくる……。一般的な踏切のイメージはそんな感じかもしれません。

 しかし、警報機も遮断機もない踏切も存在します。「第4種踏切」といいます。

「全方向警報灯」製造工場へ潜入! プラレールの踏切が「59年の歴史で初」の進化を遂げた理由

 法令上、踏切には4つの種類があります。一般的な、よく見かける踏切は「第1種踏切」です。こちらは「踏切警報機と遮断機を備えたもの」が相当します。

おすすめのニュース

サイトトップへ