サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 理経の車両開発用VR、実車確認で1日かかるところが30分に…オートモーティブワールド2020

ここから本文です
VR空間でクルマを開発する技術をスバルなどに提供している理経は、バーチャルメカニクスとCarSimで共同でオートモーティブワールド2020に出展した。同社はゲームエンジン UnrealEngine4 を使った車両開発用VR空間を紹介。「1日かかる走行パターンを30分で確認できる」と伝えた。

同社が提供するVR空間を使った車両開発プロセスは、「実車で5~6パターンを1日かけて取得していた項目を、VR空間で確認することで同等データを30分で取得できる」という。

おすすめのニュース

サイトトップへ