サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 村田製作所、150度の高温に対応した車載Ethernet向けコモンモードチョークコイルを商品化

ここから本文です
村田製作所は、車載Ethernet(100BASE-T1)向けコモンモードチョークコイル(CMCC)として、世界で初めて-55~+150度の使用温度範囲を実現した「DLW32MH201YK2」を商品化し、12月より量産を開始する。

近年、自動車の高機能化にともない、ADASをはじめとする自動運転に向けて、自動車に搭載されるECUが増加。これらを接続するネットワークとして、車載Ethernetなどの差動伝送方式を採用した高速インターフェースが増えている。こうした動きに伴い、エンジンルームなど高温環境下でも使用可能な部品のニーズが高まっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ