サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディA8に高性能版「S8」が登場! 571psと800Nmを引き出すマイルドHV仕様の4.0LV8ツインターボを搭載

ここから本文です

アウディA8に高性能版「S8」が登場! 571psと800Nmを引き出すマイルドHV仕様の4.0LV8ツインターボを搭載

11月14日、アウディはフラッグシップサルーンのA8に高性能版「S8」を設定したと発表した。

3.8秒の0-100km/h加速と最高8.8km/Lの燃費を実現

マツダ3とメルセデス・ベンツAクラス。重ねてみれば瓜二つ ほぼ同じパッケージングの2台を比較する 価格も比べてみる

 搭載されるパワーユニットは、571psと800Nmを発揮する4.0LV型8気筒ツインターボエンジンに48Vシステムを組み合わせたマイルドハイブリッド。トランスミッションは8速AT(ティプトロニック)で、クワトロシステムを介して四輪を駆動する。

 車重2230kgの大柄なボディを、停止状態から3.8秒で100km/hに到達させる加速性能が与えられた一方で、欧州複合モードで最高8.8km/Lの燃費を実現しているのは、マイルドハイブリッドを採用した効果といえる。なお、最高速度は250km/hでリミッターが作動する。

 新型S8では、「S」モデルを名乗るにふさわしいエクイップメントを採用している。エアサスペンションを組み合わせる「プレディクティブ・アクティブ・サスペンション」を標準装備。プレディクティブとは予測するという意味で、フロントカメラで前方路面の凹凸を検知し、そのデータをサスペンション制御に反映させることで、ロールやピッチを大幅に低減。乗員はより快適な乗り心地が得られる。

 後輪操舵システム「ダイナミックオールホイールステアリング」の標準装備も特色のひとつ。低速では小まわり性に、高速では車両安定性に寄与するこのシステム、新型S8ではスポーツディファレンシャルとの連携によって、高速コーナリング時はトルクがリヤ左右輪間で積極的に伝達。アンダーステアに陥りそうな場面では外側ホイールに、一方オーバーステア時は内側のホイールに、それぞれトルク配分が強まり、走行安定性を維持する。

 エクステリアは、フロントグリルやフロントリップやサイドシル、ドアミラーカバー、リヤバンパーなどにクロームエレメントが採用されるほか、21インチホイールや左右出しのツインオーバルエキゾーストテールパイプが装着され、スポーティなキャラクターを主張。ちなみにクロームのエレメントは、グロスブラックに変更することも可能とのこと。

Sモデル専用デザインのレザーシートが搭載されるインテリアでは、フロントシートに空気圧によってサイドサポートを調整する機能を採用。後席には優れた快適性を実現する多くの機能が備わっている。


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します