サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1ボス、2020年型『VF-20』に大きな期待「選手権5位を獲得した2018年の強さを取り戻したい」

ここから本文です

ハースF1ボス、2020年型『VF-20』に大きな期待「選手権5位を獲得した2018年の強さを取り戻したい」

ハースF1ボス、2020年型『VF-20』に大きな期待「選手権5位を獲得した2018年の強さを取り戻したい」

 ハースF1チームはライバルチームに先駆けて2020年型F1マシンの画像を発表、新カラーリングを披露した。首脳陣は2019年の低迷から多くのことを学び、巻き返しを図るとして、『VF-20』に大きな期待をかけている。

 2016年にF1に参入したハースは、デビューイヤーにコンストラクターズ選手権8位と大健闘。2017年も8位、2018年には5位に浮上した。ところが2019年には安定して高いパフォーマンスを発揮することができず、ランキング9位にポジションを落とした。

ハースF1チーム、2020年型マシン『VF-20』のカラーリングを発表。モノクロ基調に一新

 2019年シーズン中にタイトルスポンサーであるリッチエナジーとの契約を終了したハースは、2020年にはブラック&ゴールドのカラーリングを廃止、伝統的なグレー、レッド、ブラックをあしらったデザインを採用した。

「マシンがより馴染みのあるハース・オートメーションのカラーリングに戻ったことを喜んでいる。必ずや人々が親近感を持つカラーリングだ」とハース・オートメーション創設者にしてハースF1チームのチェアマンを務めるジーン・ハースは語った。

「率直に言って、VF-20によって、コンストラクターズ選手権を5位でフィニッシュした2018年当時のような調子を取り戻すことを期待している。2019年は耐え難いシーズンだった。我々は実際に学びの過程を経てきた。こうした時期はある段階にすべてのF1チームに訪れるものだ」

「私はそうした過程でチームは学習したと信じているし、VF-20の製造にあたってマシンがより競争力あるものになるよう、獲得した知見を適用してきた。私にとって重要なのは、ライバルたちと戦える位置に復帰し、着実にポイントを獲得することだ。我々には確かにその能力があり、組織としてそれができることを証明してきた」

■ハースF1、テストプランも発表。初日はマグヌッセンが走行
 チーム代表のギュンター・シュタイナーは次のように述べている。
「新しいF1マシンの開発を目にするのは常にエキサイティングなことだし、間違いなくVF-20はひとつ前のマシンでは不可能だった結果をもたらすだろう。今シーズンはレギュレーションが安定していることから、マシンの理解を深めて自分たち自身を精査し、解決策と適応策を見つけてVF-20の設計に入れ込むことができた」

「昨年に後退してしまったのは間違いなく、それは私が望んだ状況では決してなかったが、そうした状況からも学ぶことができる。我々全員が学んだのだ。チームの誰もが自身を省みて、何を改善して行えるか理解することを余儀なくされた」

「VF-20がコースデビューを飾るのを楽しみにしている。テストではいつも多くのことを求めるものだ。開幕戦オーストラリアへの準備において、多くの走行距離を稼ぎ、高い信頼性と速いスピードを発揮できればうれしい」

 ハースは、『VF-20』の実物をプレシーズンテスト初日2月19日現地午前8時(日本時間16時)に、スペイン・バルセロナのチームガレージ前で披露する。初日はケビン・マグヌッセンが走行、2日目にはロマン・グロージャンがステアリングを握る予定となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します