サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダカールを走るHRC CRF450RALLY、最新型

ここから本文です

ダカールを走るHRC CRF450RALLY、最新型

目下、連勝を続けるKTM勢と、例年大きな戦力をそぎ落とされていき、優勝を手にしていない現ホンダ。2020年の最新型CRF450RALLYは、初出からすでに5年が経過。その熟成の途を探る。

MY2020
Honda CRF450RALLY

[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を徹底検証!

Off1.jpのスポンサーでもある、合志技研が提供するスイングアーム。四角断面のパイプをスウェージングして絞っていき成型したもので、CRF450Rや、昨今では新型CRF1100Lアフリカツインにも採用されている形状だ。

過去には、このスイングアームを水タンクと兼ねていた(レギュレーション上、一定容量の水を積載する必要があり、スイングアームの空洞部分に水を仕込むのはわりと常套手段だ)が、現在は空洞。

そのスイングアームに、耐久性の高いスーパースプロックスのアルミ+スチールハイブリッド製のスプロケットをフィット。

長年契約している、信頼のNOGUCHIシートを今年も採用する。各々のライダーにあわせたスペシャルオーダーメイド。

足まわりは、SHOWAで統一。CRF450Rの305mmストロークに対して、RALLYは310mmと5mmほどロングな設計。また、モトクロスのファクトリーでも使われなくなってきている51mmの大径サスペンションを採用しており、市販モトクロッサーよりも剛性は高い。

フューエルタンクは、前と後ろに分かれていて、33.7Lの容量を誇る。

CRF450RALLYの場合、ダストを避ける目的もあってエアクリーナーはマシン上部へ。エアインテークが備わるコクピットまわり。

カーボンモノコックのラリータワーは、信頼のおけるパーツ。

フロントブレーキは、300mmの大径を使用する。

この究極のロングウェイマシンが欲しいあなたは、こちらもぜひ検討にいれてみてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します