サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【角田裕毅F1第19戦密着】タイヤのロックが目立った初日。マシンのアンダー傾向が解消されなかった可能性も

ここから本文です
 2021年F1第19戦ブラジルGPのフリー走行1回目を1コーナーで取材していた。そこで気になっていたのが、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が1コーナーのブレーキングで何度かタイヤをロックさせていたことだ。これは角田だけに見られた症状ではなく、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ニキータ・マゼピン(ハース)など数人のドライバーにも見られた症状だった。その理由をアルファタウリのジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)は次のように説明する。

「インテルラゴスはラップを通したバランスをどう最適化するかが重要となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ