サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 進化したHonda CONNECTが新型ホンダ・ヴェゼルに搭載! 地図自動更新や寄り道考慮ルート設定を体験してみた

ここから本文です

進化したHonda CONNECTが新型ホンダ・ヴェゼルに搭載! 地図自動更新や寄り道考慮ルート設定を体験してみた

 注目のコネクテッド技術がヴェゼルでさらに進化!

 2021年4月23日に発売された新型ホンダ・ヴェゼル。内外装の質感のみならず、パッケージングや走りのメカニズムも大幅に進化しているが、ホンダの新たなコネクテッド技術「Honda CONNECT」は、ヴェゼルとしては初採用のものだ。現行フィットから始まりHonda eで機能が拡充、そして新型ヴェゼルでさらにアップデートされた、その中身を体感した。

4月23日発売! 227万9200円から! 新型ホンダ・ヴェゼルの詳細が公開

「クルマもスマホで動く時代」

 知識としては知っていても、実際に体験するとなかなかに衝撃的だ。

 まず最初に体験したのは「Hondaリモート操作」と「Hondaデジタルキー」。専用アプリ「Hondaリモート操作アプリ」がインストールされたスマートフォンで、やや離れた場所からエアコンONのコマンドを送ると、カーエアコンのファンが回り始める音が聞こえてくる。さらに近づいてドアロック解除の操作をすると、即座にドアの鍵が開いた。

 なお、「Hondaリモート操作」には遠くからの操作に対応するため4Gの電話回線、「Hondaデジタルキー」には近距離でドライバーの意思に即座に反応するためBluetoothが用いられている。

 そしてドアロックを解除し運転席に乗り込んだら、メーターに表示されているPINコードをスマートフォンに入力。その後スマートフォンの画面に表示される操作ガイダンスに従って、ブレーキペダルを踏みながらパワースイッチを押すと、見事パワートレインを含む全システムが起動し、走行可能な状態になった。

 メカニカルキーはもちろんスマートキー(ホンダはスマートフォンの電池切れや電波環境が悪い状況を想定し、常時携帯を推奨しているが)すら不要とするこのシステム、増える一方の手荷物を少しでも減らしたい今だからこそありがたい機能と言えるだろう。

 加えて、最上級グレード「PLaY」に標準装備、その他グレードにオプション設定の「Honda CONNECTディスプレー」装着車では、Honda eと同様の「車内Wi-Fi」と「Hondaアプリセンター」、さらにヴェゼルからの新機能「自動地図更新サービス」が利用可能となっている。

 このうち「自動地図更新サービス」は、ナビで目的地を設定すると、経路上に新たに開通した道路の地図データと、それを考慮したルートを、任意で地図更新の操作をすることなく自動的に反映。また現在地周辺に新規の道路がある場合も自動的に更新してくれるため、煩わしい操作が不要となった。

 また、「Hondaアプリセンター」から配信されるアプリが、Honda eの4種類から、ヴェゼルでは9種類へと、大幅に増えたのも見逃せない。なかでも「よりみちスポット検索 よってこ! by NAVITIME」は、経由地での滞在時間を考慮したルートを設定し所要時間を計算してくれる優れものだ。

 コネクテッド技術は今後、5G(第五世代)以降の移動通信システムが普及すれば、急激に進化していくと予想されるが、現時点でも便利な機能が充実。新型ヴェゼルを手に入れたならば、ぜひ積極的に使いこなしてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します