サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友三井オートサービス、リース車両の修理費用を補償する「リペア保険」を発売

ここから本文です

住友三井オートサービス、リース車両の修理費用を補償する「リペア保険」を発売

住友三井オートサービス(SMAS)のグループ会社であるi-SMAS少額短期保険(i-SMAS)は、リース車両の修理費用を補償する「リース車両修理費用保険(リペア保険)の販売を、8月2日よりSMAサポートとスマートドライブを取扱い代理店として開始した。

近年、リース車両の台数やリースに関わるコスト全般を見直す顧客が増え、その中でも交通事故の削減と自動車保険料の抑制は多くの顧客が抱える課題となっている。

リペア保険は、リース車両が事故によって損傷した際に発生する修理費用や全損事故などで修理できない時にかかる中途解約費用を補償する保険。契約は法人、個人を問わず、リース車両であれば、全てのリース会社の車両が補償対象となる。

一般的な自動車保険(任意保険)では、対人や対物などの賠償責任保険等と、車両保険など、クルマの補償を合わせて付保するが、リペア保険では、クルマの修理補償を賠償責任補償等と分離することでコストアップのリスクを分散。さらに保険金額を5~500万円(5万円単位)と、柔軟に設定可能とすることで割安な保険料を提示しやすくした。

また、顧客のニーズや予算に応じて、コストアップのリスク分散や保険料見直しが図れる「事故実績型」と、テレマティクス車載器から取得する運転挙動に応じて保険料が変動し、安全運転およびエコ運転が保険料の低減につながる「テレマティクス型」を用意する。

8月2日の販売開始時点では、事故実績型はSMAサポートにて、テレマティクス型はスマートドライブにて取扱う予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します