サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイムもライン取りも速度も完全マル裸! サーキット用GPSデータロガーの高性能っぷりが凄い

ここから本文です

タイムもライン取りも速度も完全マル裸! サーキット用GPSデータロガーの高性能っぷりが凄い

走行記録の解析がサーキット走行をさらに楽しくする

 サーキット走行経験者は馴染みがあると思うが、「GPSデータロガー」と呼ばれるアイテムをご存じだろうか? 登山やサイクリングなどに用いられるモデル、さらにクルマやバイクでのサーキット走行用に開発されたモデルなど、各電子部品メーカーから各カテゴリー向けの商品が発売されており、どれも通って来た道のりや時間の計測・記録が主な機能となっている。今回はサーキット走行を何倍も楽しくさせ、そしてタイムアップのポイントを探れるGSPデータロガーについて紹介したい。

ポルシェやフェラーリが軽自動車に「アオられる」衝撃!  岡山に生息する伝説の「トゥデイ」の正体

GPSを用いて走行状況が記録される

 そもそもGSPデータロガーとは、どんなモノか。その名のとおりGPSによって位置を測定し、移動した距離や経路、移動スピードなどど記録(ログ)するアイテムのこと。GPSによる位置測定の仕組みはカーナビと同じだが、移動経路やその状況を記録するこを主眼としたアイテムだ。そのため、アウトドアスポーツなどでも移動した経路の記録用に用いられているのだ。

 そんなGPSを利用した機能を、サーキット走行に特化して使えるようにしたモデルが複数ラインアップされている。「キュースターズ(QSTARZ)」や「ソロ(SOLO)」、「デジスパイス(Dig Spice)」などのブランドが、サーキット用としてはメジャーだ。いずれも高精度な記録が可能で、サーキット走行後にコース内の走行記録を詳細に解析することができる。しかもモデルによっては手のひらに収まるくらいの小型で、誰でも扱いやすいよう設計されているのも特徴だ。

全国のサーキット情報がプリインストール済み

 では具体的な使い方を簡単に説明しよう。データロガーをサーキットで使用する前に、セットアップが必要となる。できれば自宅で説明書を読みながら、じっくり準備するのが理想だ。ではファーストステップから。まずは走行するサーキットを設定(GPSで自動的に読み込むモデルもある)することが必須となる。また機種によっては、車両やユーザーの登録をする場合もあるので、指示に従おう。

 その上で、サーキット走行本番となればクルマにデータロガー本体を装着してコースインとなる。データロガーを車両に設置する際、GPSの電波を遮らない場所(車内のダッシュボード上が一般的)に本体を設置することもポイント。これだけであとは自動的に走行時の各種データを記録してくれるのだ。

専用アプリで走行データがまるわかり

 走行後にデータを読み出すには、専用のアプリが用意されている。パソコンを使ってデータロガーに記録されたデータを読み出し、そのアプリで解析することができるのだ。

 アプリの画面にはサーキットのコースが描かれ、ラップタイムはもちろんのこと、コース上のどこを走行したのかがわかる軌跡も表示。自身のライン取りやコーナーリングの進入・脱出速度など、タイムアップのヒントになるような情報がたくさん含まれているのだ。

 さらにコーナリングGやブレーキングの強弱などもデータとして表示できるので、自分の走行を細かく解析することも可能だ。よっぽど走り慣れている人でない限り、これらのことをすべて把握しながら走るのは難しく、データ解析をすることで走行中には気づかなかったことがあとからわかる場合も多い。

 さらに新旧の走行データを比べることも可能だ。例えば今日走った走行データと過去のベストタイムが出た周回では、どこが違うのかも一目瞭然。実際にコース上をクルマが走っているように表示されるシミュレーションを見れば、今回と過去の走行が同時に周回している状態で見ることができ、ライン取りやブレーキングの違いなどが一発でわかる。

 また、記録されたデータには互換性があるため、仲間のデータと比べることも可能。つまり自分よりも速いドライバーと走行データを見比べて、自分のウィークポイントを探ったりすることもできるのだ。

 ちょっと変わった機能としては、スマートフォンで記録した走行動画とGPSのデータをリンクさせて同時に表示できるモデルもある。走行後のドライビングチェックにかなり使えそうだ。

「10Hz」以上のモデルを選ぼう

 現在一般的に使われているデータロガーには、表示部と本体が一体になったタイプ、本体のみのモデル(スマートフォンを使い表示や操作を行なう)がある。概ね2~3万円台から購入可能だ。設置する場所や予算などを考えてモデルを選ぶと良いだろう。

 そしてデータロガーを選ぶ際に気を付けたいのが記録の精度。商品には「10Hz」や「5Hz」などと記載されているが、これは1秒間に何回GSP電波を記録するかの数値だ。例えば10Hzであれば1秒間に10回記録しているので、0.1秒ごとに記録していることになる。5Hzであれば0.2秒となるので、Hzの数字が高い方が高精度なGPSロガーと言えるのだ。サーキットで用いるならより詳細な軌跡の表示やタイム誤差を考えれば10Hz程度の精度が欲しいところ。

 ちなみに、スマートフォンにもデータロガーと同じような機能のアプリがあるが、専用のGPSデータロガーと比べると精度が低く、サーキットでの利用には不十分だ。

 データロガーの情報はサーキットを速く走るためだけでなく、楽しさや安全性の向上にも貢献してくれる。サーキット走行をさらに充実したものにしたいなら、GPSデータロガーの設置を検討してみては?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します