サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 歯痒い思いをしていた嵯峨宏紀「31号車が本来いるべき位置に戻ってきた」【第6戦GT300予選会見】

ここから本文です

 オートポリスで開催されている2021スーパーGT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』。10月23日の午後に行われたGT300クラス公式予選を終え、ポールポジションを獲得した31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTの嵯峨宏紀と中山友貴が予選を振り返り、明日の決勝レースへの展望を語った。

中山友貴
Q1担当/ベストタイム:1'42.687

ハイブリッドパワー炸裂。プリウスPHV GTの嵯峨宏紀が今季初PP獲得【第6戦GT300予選レポート】

「今の気持ちとしては率直に、非常にうれしいです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン