サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 登場10年で苦しむ“高級の入門” レクサス CTの価値と存在意義

ここから本文です

 2011年、「CT200h」はレクサス初のCセグメントハッチバックとしてデビュー。その当時こそ話題になったが、現在は小型SUVの「UX」などに人気を奪われ、低空飛行が続く。

 10年間でフルモデルチェンジは一度もなく、2度のマイナーチェンジがおこなわれただけのCTは、先進性よりも古さの方が目立ってきた。

国産セダン冬の時代 レクサスが進む道は?

 レクサスにとってCT200hは、どのような意図をもって開発され、現在も販売を続けられているのだろうか。レクサス販売店で営業活動に従事してきた筆者が、CTの価値と存在意義を考える。

おすすめのニュース

サイトトップへ