サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年注目の輸入車ニューモデル。SUVからスーパーカーまで、MHEV、PHEVを含めた電動化が加速か

ここから本文です

2021年注目の輸入車ニューモデル。SUVからスーパーカーまで、MHEV、PHEVを含めた電動化が加速か

2021年に日本で発売されるであろう輸入車ブランドモデルを一挙に、SUV編からスポーツカー編、ラグジュアリーカー編、コンパクトカー編、電気自動車編と順に紹介していこう。MHEV、PHEVをはじめとした電動化モデルが各カテゴリーでたくさん登場しそうである。(Motor Magazine2021年2月号より)

SUV編:SUVもMHEV、PHEVの電動化の波が押し寄せる
これまでSUVラインナップがなかったブランドの新規参入や、ブランニューモデルの登場もさすがにひと段落した感じで、2021年の輸入SUVの動向は、ハイパフォーマンスモデルと電動化モデルの追加登場が中心となる模様だ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

アウディは400psの2.5L直列5気筒エンジンを搭載するRS Q3/Q3スポーツバックの新型を2020年12月8日に発表している。まだデリバリーは本格化していないようだが、近いうちに紹介できるはずだ。

続いて2021年2月以降、フラッグシップSUVのQ8にもRSモデルが追加される。搭載エンジンはフォルクスワーゲングループ内で大活躍4L V8ツインターボだが、600ps/800Nmとそのチューンの度合いはランボルギーニ ウルスに次ぐスペックとなる。

さらにアウディは春先、Q5のフェイスリフトを行う。現行Q5の日本導入は2017年だったから順当なマイナーチェンジと言えるが、今回はクーペフォルムのQ5スポーツバックが加わるのが最大のニュースとなりそうだ。

BMWもX3の高性能版であるM40dをマイナーチェンジしている。48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み込んで、これまでエンジン単体で326ps/680Nmだった3L直6ツインターボディーゼルは、システム出力を340ps/700Nmとした。デリバリーは春先となる。

BMWをベースとしながら快適性を重視した高性能モデルを作るアルピナからはXB7のデリバリーが開始される。4.4L V8ツインターボは621ps/800Nmと、本家のM50iを大きく上回るパワフルさで、こちらも楽しみな1台。

さらにBMW系列では、デリバリーがやや遅れていたMINIクロスオーバーのフェイスリフトモデルも上陸を開始するはず。人気モデルゆえに市場の注目度はかなり高いだろう。

電動化モデルがラインナップに加わるのはベントレーのベンテイガだ。モーターと3L V6ターボエンジンを組み合わせたプラグインハイブリッドで欧米ではすでに販売が始まっている。

また、ルノーのキャプチャーも、新型に移行するタイミングでPHEVがラインナップされる模様。ルノーはこの他にマイルドハイブリッドも展開(日本導入は未定だが)しており、一気に電動化に向かう模様だ。

アメリカからは、キャデラック新型エスカレードがすでに国内でも2020年11月に発表済みだが、デリバリー開始は夏頃になる模様。サイズを拡大してキャビンをさらに広げたボディに搭載されるのは426psの6.2L V8だ。

スポーツカー/スーパーカー編:注目のスーパーカーが2021年続々上陸予定
2021年スポーツカー部門で話題を集めそうなブランドがBMWだ。2020年9月に内容が公開された新型M3/M4は、4シリーズクーペに続いて縦長のメガキドニーグリルを採用。ボンネットにかけてこれと連続するパワーバルジ風のデザインも盛り込まれており、かなり目立つ存在となる。両車とも本国での発売は3月から。日本へのデリバリーはその先、年央くらいになると予想される。

もう1台、M5コンペティションも日本上陸が楽しみな存在だ。5シリーズは2020年9月にフェイスリフトモデルが発売され、渋滞時ハンズオフ走行を可能とするなど、ADASやコネクテッド系の技術を進化させた。ハイパフォーマンスモデルのM5にもそれらがいち早く移植されたほか、M8譲りの電動アクチュエーターを用いたM専用インテグレーテッドブレーキを採用するなど走りにも磨きをかけている。

スーパーカー系で注目されるのは、2020年9月にモデナ、ニューヨーク、東京の3拠点で同時発表されたマセラティMC20だ。跳ね上げ式のドアを備えた2シータースポーツで、カーボンモノコックシャシの採用により車重を1500kg以下に抑えている。新開発の3L V6ツインターボは630psとハイパフォーマンスだが、今後はBEVの展開も考えている模様だ。現在はモデナでの生産が立ち上がったばかり。日本への導入は早くても2021年後半になりそうだ。

フェラーリは、すでに日本でもリリースの出ている2モデルの導入が待たれている。V8ツインターボエンジンをリアミッドに搭載するF8トリブートは、クーペボディだが、後に発表されたリトラクタブルハードトップを備えたスパイダーにも期待がかかる。

一方、2019年にクーペボディを日本でも発表し、2020年11月にスパイダーの存在も明らかになったSF90ストラダーレも注目の的。システム出力1000psと言われる3モーター式のプラグインハイブリッドの乗り味を早く味わってみたいものだ。

ポルシェでは、ようやくデリバリーの始まった911ターボと、今後上陸して来る718ケイマン/ボクスターのGTS 4.0 PDKが注目を集めそう。ダウンサイジングが盛んなこの時期に、自然吸気の4Lフラット6エンジンを搭載したことで話題となっている。

そしてアメリカからは、2020年1月に日本での受注が始まった新型シボレー コルベットのデリバリーが始まる。ミッドシップスポーツに生まれ変わったその乗り味にも興味津々だ。

ラグジュアリー編:アウディはRSモデルが怒濤のモデルチェンジを実施
ラグジュアリーカー部門で注目のモデルと言えば、これはもうメルセデス・ベンツの新型Sクラスをおいてほかにないだろう。2020年9月にオンライン発表が行われ、今月から本国で発売の始まった11代目のW223型は、歴代のクラスが常にそうであったように、このブランドが有する最新技術が惜しみなく投入されている。

今回もっとも注目されるのは、ついに自動運転レベル3に対応すること。ドライブパイロットと呼ばれるこのシステムはドイツ本国の法整備を待って、2021年後半からオプション設定される模様だ。

複数用意されるパワーユニットはすべて48Vのマイルドハイブリッド化が行われ、将来的にはプラグインハイブリッドも登場しそうだ。日本でも発表は2021年初頭に行われる模様で、デリバリー開始は半ばからと予想されている。

2016年に登場した2代目ポルシェ パナメーラと、その翌2017年にラインナップに加わったパナメーラ スポーツツーリスモは、内外装のブラッシュアップのほか、ADASの進化やコネクティビティの充実が図られたフェイスリフトモデルの到着が待たれているところだ。

従来ターボと呼ばれていたグレードはターボSとなり出力も630psまで強化。PHEVの4S Eハイブリッドもシステム出力を560psに向上(共にパナメーラのみ)させている。

アウディはRSモデルの充実化が図られ、大挙して上陸を開始する。中でも注目されるのはRS7スポーツバック。標準型のA7スポーツバックにボディからモディファイを加え、全長/全幅を拡大する一方、全高は20mmローダウンしている。

ワゴンにのみ高性能車を設定するアウディの慣わしに従ったRS6アバントも同時に国内発表された。RS7スポーツバック、RS6アバント両車が搭載するパワーユニットは600psの4L V8ツインターボとなる。

一方、ミドルクラスのRSモデルでは、RS4アバントとRS5クーペ/スポーツバックの3モデルにフェイスリフトが行われた。搭載エンジンは共通で2.9LのV6ツインターボだ。これらアウディのRSモデルは1月から順次デリバリーが始まる。

マセラティからはギブリのハイブリッドが登場する。2Lの直4ターボにオルタネーター兼eブースターとなる48Vのマイルドハイブリッドシステムを加えた同ブランド初の電動化モデルだ。上陸時期は未定だが、そう遠くないはず。

DSブランドからはフラッグシップセダンのDS9が登場する。デザインに凝るブランドだけに、その仕上がりはとても興味深い。

コンパクトカー編:乗り心地を追求したシトロエン C4が上陸予定
2021年はコンパクトカー系の動きが少なそうだが、大物の上陸が控えている。2019年末に本国で発表された8代目ゴルフが、ついに日本の道を走り始めるのだ。年央に国内発表されるのは、1.5Lの直4ガソリンターボに48Vのマイルドハイブリッドを組み合わせた1.5e TSIと、ディーゼルターボの2.0TDIになると思われる。

その後もGTIやRも年内には投入されそうで、さらにゴルフファミリーは確実にバリエーションを増やす。ワゴンバージョンのヴァリアント、それを4輪駆動として車高も上げたクロスオーバーモデルのオールトラックなど順次上陸するはずで、楽しみは当分続く。ゴルフ VIIIはコクピットのデジタル化が進みインターフェースがかなり変わっているというから、今から試すのが楽しみだ。

同じくCセグメントで新型が上陸しそうなのがシトロエン C4だ。ルーフラインを後半で滑らかに落とし込んだ、クーペ風フォルムのボディはとてもスタイリッシュ。サイズも全長4360×全幅1800mmというから日本の道でも扱いやすそうだ。パワーユニットはガソリンとディーゼルに加えてBEVも用意される模様。

BEV編:お手頃なモデルも上陸予定でBEVが一気に増えそう
CO2の排出量削減のため、欧州の各ブランドは次々とBEV(バッテリー電気自動車)をデビューさせているが、この傾向は2021年もますます弾みがつく模様だ。それもBEV向きの大型のSUVはBMWのiXくらいで、サイズ的にもっと手頃なモデルが増えそうなのが興味深いポイントと言えるだろう。

比較的早い時期に発表されそうなのが、久々に日本市場に返り咲くオペルが投入するコルサ-e。136psのパワーユニットは、プジョーやDSなどのBEVと共通だ。

ボルボはブランドとして初のBEVとなるXC40 リチャージ P8を上陸させる。ツインモーターシステムの総合出力は408psというから、なかなかの高性能ぶり。デリバリー開始は年央から後半あたりと予想される。

高性能と言えば、アウディのRS eトロンGTにも注目だ。こちらもツインモーターで出力は598psと言われている。この他、フィアット500がフルモデルチェンジでBEVとなるほか、電動化宣言をしていたスマートもいよいよBEVに全面的に切り替わる。テスラはモデル3をSUV風としたモデルYを投入するなど、BEVは一気に増える。(文:石川芳雄)

[ アルバム : 2021年注目のニューモデル徹底チェック はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します