サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、サインツ車のボディワーク変更で冷却能力向上も……「最高速不足でQ2敗退の原因に」

ここから本文です

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、F1第5戦F1 70周年記念GPの予選を13番手で終え、今季初めて予選Q3進出を逃した。

 1日を振り返ったサインツJr.は、FP3後にマシンの冷却性能に懸念が生じたことから、ボディワークを変更。しかし、これが予選Q2敗退の一因になってしまったという。

■ガスリー、跳ね馬2台とアルボンを従えていざ決勝へ「見せ場を作る準備はできている」

「予選が始まった時、僕たちが少し行き詰まっていた一方で、他の人たちが先週末よりも速いのが分かった」とサインツJr.は語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン