サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 上質な内装と先進装備で乗る人の満足度を高めてくれるアウディのミドルサイズSUV「Q5」

ここから本文です

上質な内装と先進装備で乗る人の満足度を高めてくれるアウディのミドルサイズSUV「Q5」

上質な内装と先進装備で乗る人の満足度を高めてくれるアウディのミドルサイズSUV「Q5」

使い勝手の良さで人気のSUVだが、最近のトレンドは扱いやすいコンパクトなサイズだが、一方で根強い人気を誇るのが、走りやスペースに余裕のあるミドルサイズのSUV。今回はそのカテゴリーを代表する1台をピックアップした。

 国内のSUV人気はいまだ健在だ。特にコンパクトクラスの需要が高いようだが、2020年の統計を見ると、意外にも全長4.6~4.7mのDセグメントが数台、上位に食い込んでいる。国産車でいうとトヨタ『RAV4』、日産『エクストレイ』、スバル『フォレスター』がこれに該当する。

ヒヤリとした瞬間、あおり運転、自動運転、調査データで読み解く「クルマの運転」の実態

 一方、輸入車はというと、こちらもDセグメントのSUVが好調。2020年の国内販売ランキングをみると、ジープ『ラングラー』、メルセデス・ベンツ『GLC』、ボルボ『XC60』、BMW『X3』、メルセデス・ベンツ『Gクラス』がベスト5を形成している。いずれもワンランク上のクオリティーを持つ上級車だ。
 
さらにこれらの人気モデルの存在を脅かす新型車が今年に入って続々と上陸を果たしている。今回紹介する、何年もこのクラスのベストセラーとなっているアウディの新型『Q5』もそうだ。今、最も旬なミッドクラスSUVを比較試乗した。

 アウディ『Q5』は2017年に現行モデルになり、今回は大幅にアップデート。12Vのマイルドハイブリッドや最新のインフォテインメントシステムは、使いやすくなった。パワーユニットも2LディーゼルとガソリンをメインにV6、3Lスポーツモデルまでラインアップも豊富だ。

 今回試乗したのは、エントリーグレードだったが、しっかりした走行フィールは従来の路線を継承している。ヨーロピアンブランドのこのクラスの最新SUVは本当に選びがいがある。

よりスポーティーな色合いを強めたSUV

アウディ『Q5』

Specification
■全長×全幅×全高:4680×1900×1665mm
■ホイールベース:2825mm
■車両重量:1910kg
■排気量:1968cc
■エンジン型式:直列4気筒DOHCディーゼルターボ
■最高出力:204PS/3800~4200rpm
■最大トルク:400Nm/1750~3250rpm
■変速機:7速AT
■燃費:14.5km/L(WLTCモード)
■車両本体価格:681万円
※「40 TDI Quattro Advanvanced」

外観も大幅にアップデート。LEDヘッドライトは上部に新しいライトデザインのデイタイムライトを組み込んだ。シングルフレームグリルは八角形で、両サイドには台形の空気取り込み口がある。

サイドビューはあえてウエッジシエイプを採用せず水平基調のキャラクターラインで個性を演出している。フロントウインドウもあまり角度をつけず、前席の圧迫感を抑えている。

水平基調を強調したリアのデザイン。横長のテールライトでもフラットな印象を強調。ライトもLEDを採用している。ルーフスポイラーにはブレーキランプを内蔵している。

上質な内装と先進の装備が魅力のSUV

エンジンルーム

2代目でエンジンを一新。ディーゼルは直4、2Lターボ+ベルト駆動式オルタネータースターターと12Vのリチウムイオン電池を搭載。

運転席と各種装備

液晶モニターは10.1インチのタッチパネルで「Hey Audi」で音声入力も可能。通信ネットワークはeSIMを採用している。

シートスペース

前席は脇腹のホールド性を強化したスポーティーなシート。後席はやや低めの着座位置で足元も広い。センターのトンネルはやや大きい。

ラゲージスペース

荷室の奥行きは950mm、左右幅1040~1300mm、床面からトノカバーは510mmあり広い。後席の背もたれは4対2対4の分割前倒式。

【 ココがポイント!】効率良く動作する先進の4WDシステム

走行モードはオフロード、エフィシェンシー、オート、ダイナミック、インディビデュアルを選択できる。システムが4WD走行不要と判断すると前輪にのみトルクを配分する。

【 ココがポイント!】後席は4対6でスライド、2段階でリクライニング

後席は4対6で座面ごとスライドする。背もたれも2段階でリクライニングし、快適性と荷室の使い勝手を追求。床中央のトンネルは大きく幅もあるので左右2名乗車が最適。

走り重視なら『Q5』

[運転性能]新設計の2Lディーゼルターボは気筒休止やコースティングで実用燃費は13~19km/L。音や振動も抑えている。18点

[居住性]前後席とも空間は十分で前席は視界も広く運転しやすい。後席もスライドやリクライニングが便利。荷室も広い。19点

[装備の充実度]ベースグレードでも安全装備や快適装備は充実している。オプションを選択するならシートヒーターぐらい。18点

[デザイン]最新のクワトロは曲線を生かした、ややグラマラスな印象。ウエストラインを水平に抑えたワゴンのような仕上がり。18点

[爽快感]2Lディーゼルターボエンジンは2000回転からトルクも太くなり、4700回転まで使える。性格はマイルド志向だ。18点

[評価点数]91点

取材・文/石川真禧照

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します