サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 同士討ちのルクレール、フェラーリとベッテルに謝罪「すべて焦った僕の責任。自分に失望」【F1第2戦決勝】

ここから本文です
 2020年F1シュタイアーマルクGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは1周目にチームメイトのセバスチャン・ベッテルと接触、2台揃ってリタイアとなってしまった。

 予選11番手のルクレールは、予選中にダニール・クビアトの進路を妨害したとして3グリッド降格ペナルティを受け、14番グリッドからのスタートとなった。オープニングラップのターン3で、ルクレールは前を行くベッテルのイン側に入りこんだが、スペースがなく両者は接触。ベッテルのリヤウイングが外れ、ルクレールのフロントウイングとフロアがひどいダメージを負った。2台はピットに戻り、ベッテルはそのままリタイア。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン