サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > COTA、問題となっていたバンプ解消へ。サーキットの修復・再舗装工事が進行中

ここから本文です

 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)は、昨年MotoGPやF1を開催した際に問題となったバンプに対応するため、大規模な修復工事を実施している。

 昨年、COTAで2019年以来となるMotoGPアメリカズGPが開催された際、ライダーたちからは路面の状態について不満が噴出。ヤマハのファビオ・クアルタラロは、COTAは”まるでジョークだ”とまで評した。

■F1、新規則導入でトップと最後尾のギャップは半減する? 「1年経てば差が縮まるはず」とFIA

「僕がモトクロスバイクでトレーニングする時に使うコースと似たような感じだ。だけどそれよりも高速だし、(モトクロスではなく)MotoGPバイクで走るんだ」と、クアルタラロは当時語っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ