サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > GじゃないよJだよ。JB64Wジムニーを本気でG63風に仕立てるプロフェッショナルの腕【東京オートサロン2020】

ここから本文です

GじゃないよJだよ。JB64Wジムニーを本気でG63風に仕立てるプロフェッショナルの腕【東京オートサロン2020】

チープさを微塵も感じさせない
違和感なしの高い完成度を誇る


AEROOVER/エアロオーバー

新型ハスラー使ってどう遊ぶ!? ストリートが楽しくなる今どきなカスタムとは 【東京オートサロン2020】


エアロオーバーブランドでは初となる4WD用のアイテムだ。なんとジムニーをベースにメルセデスのGクラスを作り上げてしまった。それもAMGのG63をモチーフにしていて、その名は「G62 ジムニー」。シエラは「G63S」として対応している。

とにかく完成度が素晴らしい。この手のモディファイにありがちなチープさが微塵も感じられないのだ。エアロオーバーの本気度がヒシヒシと伝わってくる。

いっさい妥協をしない作り込みはバンパーを始め、オーバーフェンダーやスペアタイヤカバー、それにサイドモールまで、徹底的にG63を研究し尽くしていて、違和感なしの造形だ。

ジムニーのサイズ感に合わせて抜かりのなくリメイクされている。シーケンシャルウインカーが付いたドアミラーやサイド出しのマフラーなどGらしさがほとばしるアイテムは特に入念にデザインする。圧巻はドアヒンジだ。Gのワイルドさを上手く表現している。

さらに専用ホイールも登場させた。完全なるストリート向けな18インチの大径で、街中で映えるコンケーブ形状を採用したスマートなデザインだ。このホイールの導入もGらしさに大きく貢献している。

見れば見るほどレベルの高さを実感する。本物のG63ユーザーが遊びグルマとして持っていたらなんともオシャレ、って思えてしまうほど見事なクオリティだ。

粗メッシュデザインのKFW・Mモーションは18✕7-45。組み合わせるタイヤはピレリP7の215/50だ。ジムニーらしからぬボリューム満点のサイズといえる。

あえて無骨なドアヒンジを取り入れてGらしさを盛り上げる。こうした細部の配慮があちらこちらに導入されているので、大人も満足できるスタイルが生み出せたはずだ。

問:ケーファクトリー 0725-55-5003
http://www.k-factory.ne.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_増田高志]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します