サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 8月延期のインディ500、10万人規模のファン受け入れ。キャパシティ”50%”で開催

ここから本文です

 世界3大レースのひとつに数えられるインディ500。2020年の第104回大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、開催が8月23日へと延期された。

 6月26日、主催者であるインディアナポリス・モータースピードウェイ(IMS)は、今季のインディ500について、観客同士がソーシャルディスタンスを守れるよう入場者集を半減させ、対策を施した上でレースを安全に開催すると意向を語った。

■NASCARの”吊り縄”事件は勘違い? FBIは「ドライバー標的の犯罪ではない」と結論

 なおインディ500の入場者数については、2016年の第100回大会では30万人を超えたとされ、過去10年間の最低入場者数ですら22万人を超えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ