サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【国内試乗】「ボルボS60 T6」ボルボ流アッパーサルーンの解

ここから本文です

【国内試乗】「ボルボS60 T6」ボルボ流アッパーサルーンの解

ボルボS60のガソリン仕様「T5」「T4」に続き、プラグインハイブリッドの「T6」が追加設定され、試乗する機会を得た。前者は走りの良さが際立っていたが、今度のT6は上質感溢れるワンランク上のサルーンへと仕立てられていた。

ボルボが考える次世代の高級車像

ボルボS60のプラグインハイブリッド「S60T6」。ターボ&スーパーチャージャーを搭載したエンジンと、87ps/240Nmを発揮するモーターをリアに備えた、ボルボが「ツイン・エンジン」と呼ぶモデルだ。その仕立ては、パワフルやハイパワーを謳うよりも、上質感を追求したモデルとなっている。それを象徴するディテールが、ステアリングにパドルシフトがないことだと、今回の試乗を通して感じ取れた。

まずは「ハイブリッド」モードでクルマを走らせると、まるで氷上を滑る様に車体が前へ進み出した。ハイブリッド車特有のモーター音も聞こえてこないので、シフトセレクターが「D」にセットされているか確認してしまうかもしれない。しかしスピード域が高まってくると、アクティブ・ノイズ・コントロールが擬似的にエンジン音を増幅させ、ドライバーの高揚感を高めてくれる。

新設定されたフロントのWウイッシュボーンもコーナーでのダンピングや立ち上がりからして、決してコンフォート性だけに振った仕様ではない。走行モードも「ダイナミック」に変更すれば、ステアリングのインフォメーションもグッと増してくる。そうなると、パドルを用いたドライビングを試みたくなり、きっとその要求に応えるだけのポテンシャルを持ち合わせているのだが、あえてパドル設定をしないところがS60T6のキモだ。

つまり、ドライビング・ファンよりも、安全性やコンフォート性を訴えるクルマ作りにすることで、ボルボが考える次世代のアッパーサルーンへと昇華でき、ひとクラス上に相当する上質感を提供できているのだ。
でも、ボルボのスポーティネスを体感したいのならば? その時は、ポールスターエンジニアードのスペシャルなS60T8を選べば、十分に満足できるはずだ。




【Specification】VOLVO S60 T6 TWIN ENGINE AWD INSCRIPTION/ボルボS60 T6 ツイン・エンジン AWD インスクリプション
■車両本体価格(税込)=7,790,000円
■全長×全幅×全高=4760×1850×1435mm
■ホイールベース=2870mm
■トレッド=前後1600mm
■車両重量=2010kg
■エンジン型式/種類=B420/直4DOHC16V+ターボ+SC
■内径×行径=82.0×93.2mm
■総排気量=1968cc
■最高出力=253ps(186kW)/ 5500rpm
■最大トルク=350Nm(35.7kg-m)/1700-5000rpm
■モーター最高出力=前46ps(34kW)/2500rpm、後87ps(65kW)/7000rpm
■モーター最大トルク=前160Nm(16.3kg-m)/0-2500rpm、後240Nm(24.4kg-m)/0-3000rpm
■燃料タンク容量=60L(プレミアム)
■燃費=(WLTC)13.7km/L
■トランスミッショッン形式=8速AT
■サスペンション形式=前Wウイッシュボーン/コイル、後インテグラル/コイル
■ブレーキ=前後ディスク
■タイヤ(ホイール)=前後235 / 45R18(8.0J)




お問い合わせ
ボルボ・カー・ジャパン 0120-922-662

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します