サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トヨタの可夢偉、優勝を喜ぶもトラブル頻発に「ル・マンでは絶対に許されない。まだ相当な努力が必要」/WECモンツァ

ここから本文です
 7月18日(日)、イタリアのモンツァ・サーキットでWEC世界耐久選手権第3戦モンツァ6時間レースの決勝が行なわれ、トヨタGAZOO Racing(以下TGR)のGR010ハイブリッドが厳しいレースを戦い抜き、開幕から3連勝を飾った。

 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスの7号車GR010ハイブリッドは、ハイパーカーカテゴリーでの強力なライバルとの接近戦を制し、今季初勝利を挙げた。204周を走り抜き、2位の36号車アルピーヌA480・ギブソンとの差は60.908秒だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン