サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > “最速”レッドブルの存在がトゲに? メルセデス、2022年向け開発へのシフトは「難しい決断」

ここから本文です
 F1の2021年シーズンが3月末にバーレーンで開幕を迎えたが、既に一部チームは大きくレギュレーションの変更される2022年に向けた開発にシフトしている。そして、チャンピオンチームのメルセデスも、開発の切り替えで難しい決断を迫られている状況にある。

 2022年の新レギュレーションはまさに“一新”と呼べる変化で、そのレギュレーションの下で使用されるマシンの開発で出遅れるわけには行かないため、各チームは2021年用マシンの開発と、2022年用マシンの開発とのリソース分配のバランスに頭を悩ませている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン