サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハウガーが逃げ切りレース1完勝。岩佐歩夢、佐藤万璃音ともにポイント獲得ならず|F2第5戦モナコ

ここから本文です

ハウガーが逃げ切りレース1完勝。岩佐歩夢、佐藤万璃音ともにポイント獲得ならず|F2第5戦モナコ

ハウガーが逃げ切りレース1完勝。岩佐歩夢、佐藤万璃音ともにポイント獲得ならず|F2第5戦モナコ

 FIA F2選手権第5戦モナコのレース1が行なわれ、デニス・ハウガー(プレマ)が優勝を飾った。

 予選は2グループに分かれて行なわれたが、グループAで発生したクラッシュの影響で、リアム・ローソン(カーリン)と岩佐歩夢(DAMS)が黄旗無視のペナルティを受けてしまった。この影響で予選最速タイムを記録していたローソンはレース1を10番手から、予選3番手相当のタイムを出していた岩佐は19番手からスタートすることになった。

■ルクレール、母国初優勝に向けた1番時計。PP争いは呆気ない幕切れに……角田裕毅11番手|F1第7戦モナコGP 予選

 ポールポジションはジェイク・ヒューズ(VAR)、2番手にハウガーというフロントロウだ。佐藤万璃音(ヴィルトゥオーシ・レーシング)は16番手からのスタートとなった。

 30周のレースがスタートすると、ヒューズが動けず立ち往生。幸い後続のマシンは接触を避けることができた。これでハウガーが首位。ユアン・ダルバラ(プレマ)が2番手に続いた。岩佐は好スタートで、15番手にポジションアップ。一方、佐藤は18番手にポジションを下げた。

 9番手スタートのフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)は1周目の混乱で右リヤタイヤがパンクし、緊急ピットイン。雨雲が近づいていることを踏まえて、レインタイヤに履き替えるギャンブルを敢行した。

 しかし雨は降らず。ペースが上がらないドルゴビッチはすぐさま再ピットイン。ギャンブルは大失敗に終わった上、ピットレーンでの速度違反も犯して5秒のタイム加算ペナルティも受けてしまった。前戦バルセロナでは連勝を飾ってポイントリーダーに立ったドルゴビッチだが、最終的にピットに入りリタイアとなった。

 ハウガーやダルバラ、マーカス・アームストロング(ハイテック)のトップ3は、4番手エンツォ・フィッティパルディ(チャロウズ)以下を引き離し、先頭集団を形成。中でも首位のハウガーは好ペースで周回を重ねていった。

 10周目、岩佐はラスカスで前を走るクレメント・ノバラク(MPモータースポーツ)のインに飛び込んだが、両車が交錯。ノバラクはコース上でストップしてしまい、セーフティカー(SC)出動となった。岩佐はフロントウイングにダメージを負い、ピットイン。これで17番手に後退してしまった上、10秒のタイム加算ペナルティを受けてしまった。

 14周目にレースはリスタート。ハウガーは一気にギヤを上げ、ダルバラとの差を広げていく。残り10周となる頃には、5秒のリードを築き上げた。

 2番手ダルバラにアームストロング、4番手フィッティパルディにユーリ・ヴィップス(ハイテック)が迫るなど、各所で接近戦が繰り広げられたが、ここはモナコ・モンテカルロ。オーバーテイクは非常に難しく、順位変動のないまま残り周回数が減っていった。

 結局、ハウガーは危なげなくトップチェッカー。昨年のF3王者が、F2初優勝を飾った。2位にダルバラ、3位アームストロングという表彰台の顔ぶれとなった。

 日本勢は佐藤が15位、岩佐は19位でレースを終えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します