現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「スポーツSUV」発売へ! めちゃカッコイイ斬新モデル「クラウンスポーツ」に“死角”なし?

ここから本文です

トヨタ新型「スポーツSUV」発売へ! めちゃカッコイイ斬新モデル「クラウンスポーツ」に“死角”なし?

掲載 14
トヨタ新型「スポーツSUV」発売へ! めちゃカッコイイ斬新モデル「クラウンスポーツ」に“死角”なし?

■スタイリングのセンスに圧倒! 走りの性能も高そうだ

 2023年10月6日に正式発表された、16代目トヨタ クラウンシリーズ第2弾となるスポーツSUVの新型「クラウンスポーツ」。
 
 流麗かつスポーティなデザインや優れた環境性能、高い走行性能、そして高級車ブランドという、もはや無敵とも思える内容での登場ですが、はたしてライバルは存在するのでしょうか。そして弱点などはないのでしょうか。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタの新型“斬新”SUV「クラウンスポーツ」を画像で見る(50枚以上)

 テールランプを中心としたリアデザインが「カッコいい」と特に評判の、新型クラウンスポーツ。

 筆者(吉川賢一)も実車を見ましたが、クラウンクロスオーバーに対し全幅を40mmワイド化し、大きく盛り上がったリアフェンダーや、横長のテールランプ、ブラックアウトしたリアアンダーディフューザーなど、日本車とは思えないほどのセンスの良さを感じます。

 インテリアについては、基本的には新型クラウンシリーズ第1弾の「クラウンクロスオーバー」と同じデザインですが、先行発表会では、艶消しレッドのトリムパーツが施された仕様も用意されていました。

 この色気漂うレッド内装色もクラウンスポーツのユニークポイントのひとつでしょう。

 しかしながらこのレッド内装色は、今回発表となったハイブリッド車ではオプション設定にも見られませんでした。

 おそらく今後12月に追加登場予定のクラウンスポーツ PHEVへ設定されるものと考えられます。

 トヨタによると、走行性能についてはクラウンクロスオーバーより80mmも短いホイールベースや、後輪操舵「DRS(Dynamic Rear Steering)」などのアイテムによってクイックなハンドリングをつくりこみ、高い接地性と振動を抑制してしなやかな足の動きを目指したそう。

 クラウン“スポーツ”を名乗るにふさわしいポテンシャルを秘めていることでしょう。

 今回発表された新型クラウンスポーツは「SPORT Z」(2.5リッターハイブリッド/E-Four)のワングレードのみで、車両価格は消費税込で590万円。

 12月登場予定のPHEVモデルの販売価格は未発表ですが、同クラスの「ハリアー Z」(PHEV/620万円)と、レクサス「NX450h+バージョンL」(PHEV/729.5万円)の間となる670万円あたりでは、と予測されます。

 クラウンクロスオーバーでは、上級グレードで2.4リッターターボとeAxleを組み合わせた「デュアルブーストハイブリッドシステム」搭載の「RS」が、2.5リッターハイブリッドシステム搭載の「G」や「X」とは全く違う衝撃の出来の良さでしたので、新型クラウンスポーツも、ひとまず上級グレードであるPHEVを待ったほうが賢明かもしれません。

 この新型クラウンスポーツにガチンコのライバルとなりそうな国産車は、残念ながら他社では見当たりません。

 いわば身内であるハリアーやレクサス NX、そして兄弟であるクラウンクロスオーバーあたりは、新型クラウンスポーツの登場によって、かなり影響があると考えられます。

 それではそんなライバル車と、新型クラウンスポーツの違いについて見てみましょう。

■“身内”のライバル!? 「ハリアー」や「NX」とはどう違うのか

 ハリアーの強みは、全てが「ちょうどよい上質感」にまとまっていることにあります。

 流麗なクーペフォルムは日本人好みのデザインで、インテリアの質感も高く、乗り心地も絶妙に心地良いものです。

 ロードノイズが小さいことも、上質さを一層引き上げています。

 ハリアーは特に、ベーシックなガソリン仕様の出来が良いと筆者は感じます。

 それが300万円台から400万円台という価格で手に入るということを考えると、この価格帯でのベストバイモデルといえます。

 しかしながら走りの面でみると、新型クラウンスポーツに分があると思われます。

 なぜなら新型クラウンスポーツに標準搭載のDRSが、ハンドリング性能に対し計り知れないほど大きいためです。

 一方レクサス NXの強みは、内外装のデザイン、走りの質感など、すべてにおいて完成度が高いことにあります。

 特にインテリアはレクサスクオリティの高品質感で、見た目から触感までこだわりのあるつくり。

 もちろん走行性能の高さは折り紙付きで、最量販グレードの2.5リッターハイブリッド「NX350h」(F SPORT/2WDは617万円)を中心に、PHEVもガソリンターボ車もすべて魅力的です。

 唯一の弱点は価格の高さ。クラウンスポーツと同スペックのNX(NX350h F SPORT 4WD)は税込644万円と、クラウンスポーツよりも54万円も高額となります。

 いわば高級ブランドのバッジ代をどう考えるかは、個人差があるかもしれません。

 ただ、新型クラウンスポーツの登場で最も影響を受けるのは、やはりクラウンクロスオーバーでしょう。

 エクステリアの濃厚なデザインとは対照的に、さっぱりとしたインテリアには当初、賛否両論ありましたが、2023年の月平均登録台数が3500台を超えるほど、十分なヒット作となっています。

 前述したように、最上級のRSグレードは圧巻の完成度で、ハイパフォーマンスなクロスオーバーセダンとして話題となっていますが、後出しとなったぶん、新型クラウンスポーツのほうがさらに優位に立つことは必然と考えられます。

 ただしクラウンクロスオーバーに用意される2.4リッターターボのデュアルブーストハイブリッドが、なぜか新型クラウンスポーツに設定されていない点はやや不思議なところです。

※ ※ ※

 新型クラウンスポーツは、今後の国産高級SUV界隈のベンチマークになるといって良いでしょう。

 新型クラウンシリーズの4バリエーションのなかでも最量販になるのでは、との声も多い新型クラウンスポーツの発売開始は、11月頃です。

こんな記事も読まれています

全長5m超えのトヨタ「正統派セダン」発売! 新型「クラウンセダン」は「Sクラス」になれる? ショーファーに必要な条件とは
全長5m超えのトヨタ「正統派セダン」発売! 新型「クラウンセダン」は「Sクラス」になれる? ショーファーに必要な条件とは
くるまのニュース
ホンダ「現代版クロスロード」初公開!? タフ感高めの「コスパ高すぎSUV」発表! 新型「WR-V」と「名SUV」の共通点とは
ホンダ「現代版クロスロード」初公開!? タフ感高めの「コスパ高すぎSUV」発表! 新型「WR-V」と「名SUV」の共通点とは
くるまのニュース
トヨタ新型「クラウンセダン」発売! 唯一の5m超えボディ採用の「正統派」が登場! なぜ「3つのクラウン」とは違うモデルにした?
トヨタ新型「クラウンセダン」発売! 唯一の5m超えボディ採用の「正統派」が登場! なぜ「3つのクラウン」とは違うモデルにした?
くるまのニュース
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは
アンダー330万円でMTアリ! ホンダの「スポーティハッチバック」は“貴重すぎる”存在!? 今や希少な「シビック」とは
くるまのニュース
トヨタ新型「ランクル70」まもなく発売! 価格は400万円代前半!? 燃費もアップで先進安全装備も強化? “今秋発売”の本格SUVはどんなクルマなのか
トヨタ新型「ランクル70」まもなく発売! 価格は400万円代前半!? 燃費もアップで先進安全装備も強化? “今秋発売”の本格SUVはどんなクルマなのか
くるまのニュース
めちゃ「オシャレ」! 注目の「カクカク」コンパクトSUV「日産」にあり! 増加するスクエアデザインの先駆け? 再注目されるモデルとは
めちゃ「オシャレ」! 注目の「カクカク」コンパクトSUV「日産」にあり! 増加するスクエアデザインの先駆け? 再注目されるモデルとは
くるまのニュース
スバル新型「フォレスター」全面刷新して世界初公開! 大胆に生まれ変わった「斬新デザイン」に反響あり! スバルファンの評価とは!?
スバル新型「フォレスター」全面刷新して世界初公開! 大胆に生まれ変わった「斬新デザイン」に反響あり! スバルファンの評価とは!?
くるまのニュース
250万円以下の新型「ゴツSUV」ホンダが発売!「ヴェゼル」とほぼ同じサイズの新型「WR-V」登場! 両車の“差別化”どうする?
250万円以下の新型「ゴツSUV」ホンダが発売!「ヴェゼル」とほぼ同じサイズの新型「WR-V」登場! 両車の“差別化”どうする?
くるまのニュース
460万円からの「小さな高級車」12月に発売!選べる内装も上質!? 斬新フェイス採用で販売店への反響は?
460万円からの「小さな高級車」12月に発売!選べる内装も上質!? 斬新フェイス採用で販売店への反響は?
くるまのニュース
マツダ「最上級セダン」はアンダー300万円から! 豪華内装の「旗艦モデル」全面刷新はまだ? 12年目突入の「MAZDA6」特徴は?
マツダ「最上級セダン」はアンダー300万円から! 豪華内装の「旗艦モデル」全面刷新はまだ? 12年目突入の「MAZDA6」特徴は?
くるまのニュース
トヨタが発売した斬新顔の「クーペセダン」が凄い! 衝撃の登場で反響どう? 1年経ったプリウスとは
トヨタが発売した斬新顔の「クーペセダン」が凄い! 衝撃の登場で反響どう? 1年経ったプリウスとは
くるまのニュース
トヨタの新型「スポーツSUV」実車展示! 斬新デザインに「良いね」の声も 590万円仕様「クラウン」、ユーザー反響は?
トヨタの新型「スポーツSUV」実車展示! 斬新デザインに「良いね」の声も 590万円仕様「クラウン」、ユーザー反響は?
くるまのニュース
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
ホンダ新型「プレリュード」初公開! 2ドアクーペの「スペシャリティカー」発売へ! “復活宣言”かつてのオーナーはどう思う?
くるまのニュース
レクサスの「小さな高級車」実車展示! 斬新フェイス採用の「高級SUV」反響は? 460万円からで12月下旬発売
レクサスの「小さな高級車」実車展示! 斬新フェイス採用の「高級SUV」反響は? 460万円からで12月下旬発売
くるまのニュース
トヨタ新型「ハイラックス“最上級仕様”」登場! “ゴツワイド”ボディにTOYOTAロゴがカッコいい! 超スゴい独GRスポーツ「2」への反響は
トヨタ新型「ハイラックス“最上級仕様”」登場! “ゴツワイド”ボディにTOYOTAロゴがカッコいい! 超スゴい独GRスポーツ「2」への反響は
くるまのニュース
マジ!? 約7年ぶりにトヨタ「カムリ」全面刷新! 顔がシュッとした!? 斬新デザインの反響いかに
マジ!? 約7年ぶりにトヨタ「カムリ」全面刷新! 顔がシュッとした!? 斬新デザインの反響いかに
くるまのニュース
全長約5m! 超タフ顔のレクサス新型「高級SUV」初公開! めちゃ本格的な“悪路走破性”実現した新型「GX」 中国に登場
全長約5m! 超タフ顔のレクサス新型「高級SUV」初公開! めちゃ本格的な“悪路走破性”実現した新型「GX」 中国に登場
くるまのニュース
4年ぶり復活へ! トヨタ新型「クラウン」公開! 正統派のビッグな「セダン」24年上期発売へ! 中国で再販決定
4年ぶり復活へ! トヨタ新型「クラウン」公開! 正統派のビッグな「セダン」24年上期発売へ! 中国で再販決定
くるまのニュース

みんなのコメント

14件
  • これならマカンの方がいい
  • SUVとは、
    Sports Utility Vehicle です
    スポーツSUVとは⁇
    知識のない記者のテキトーお手軽量産型web記事で、プロのモノ書きの仕事ではないですね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村