現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた!

ここから本文です

アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた!

掲載 28
アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた!

 レクサスのフラッグシップミニバンLMに待望の6人乗り「バージョンL」が追加された。6人乗りというとアルファード/ヴェルファイアとの差も気になるが、はたして何が違うのか。開発者を直撃してみた!

文:ベストカーWeb編集部/写真:小林岳夫

アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた!

■“素”に戻れる移動空間

LMについてお話を聞かせてくれたレクサスLIZ製品企画主幹の落畑 学さん

お話をうかがったのは、レクサスLMの開発責任者である落畑学さんだ。

Q:まずLMのコンセプトについて教えてください。

「LMは『素に戻れる移動空間』というコンセプトを掲げて開発しました。これは4人乗りも6人乗りも同じです。私達レクサスは、DNAである静粛性と乗り心地を大事に育てたいと思い、それを実現しています」

「具体的な方法ですが、ボディやサスペンション、シートなどいろいろあります。まずエクステリアで言うと、風の流れをうまく使いながら、クルマをフラットにするという考え方を意匠(デザイン)の中に取り込んでいます」

「たとえばフロントドアからリアドアへの流れですね。その段差を少なくすることで風の流れがすごくよくなるものですから、直進安定性がすごくよくなる、ふらふらしなくなるんですね。加えてフロアのサイドシル部分の形状も風の流れを考えて、走り出すとロールを少なくなることをエクステリアの要素として取り組んでいます」

「乗り心地に関しては『クルマが揺れない』とか『感性にあった動きをする』というのが大事ですが、中に座っていただいたときの外の眺めというのをすごく重視しています。(2列目に座ると)窓の下のラインがまっすぐ通っていますけど、なるべく窓のサイズを大きくとってあげて、視界からクルマの動きを分かりやすくするという工夫もしています」



記事リンク















前の記事





生産終了の[CX-8]ってやっぱ偉大!! 我らが[レクサスRX]だってマネしたんだぜ!! SUVの常識破ったってマジ!?















次の記事





ほぼ[アルファード]と一緒じゃ…レクサスLMの6人乗りが1500万円ってマジか!!















■田原工場に専用の少量向け溶接ラインを作った!

レクサスLM ”version L。ボディカラーはソニックチタニウム

Q:アルヴェルではオプションの19インチホイールが標準です。乗り心地面で不利ではありませんか?

「そもそもLMは素性の刷新ということで、足をきっちり動かしたい。そのためには母屋となるボディの剛性、減衰をきっちりとる必要があるんですね。LMには周波数感応バルブ付きのアダプティブ・バリアブル・サスペンションを採用していますが、まずはそれを取り付ける母屋のボディをしっかり作っています」

「実は愛知県の田原工場に専用の少量生産のボディ溶接ラインというのを、このクルマのために起こしてもらいました。クルマはボディ剛性、減衰というのが大変重要で、LMは見ていただくと分かる通り開口部が大きいものですから、スポットをなるべく打ってあげて溶接のピッチを密にしています。フロアの接着剤も適材適所で使い分け、高剛性接着剤、高減衰接着剤などかなりこだわりました。フロント周りとリア回りにはブレースも足しています」

「ここで話が足回りに繋がるのですが、ボディの剛性、減衰をきっちりやって初めて足が活きてくるんです。クルマのふらつきですとか乗り心地っていうのを考えるうえで、まずはしっかりとバネレートを設定してあげて、クルマのふらふらした動きをださない。フラットライドを実現させてあげる。そのうえで減衰力を適材適所で効かせる設定をしてます」

前後ドアのウインドウ下端で段差をなくすなど、乗り心地に繋がる空力性能を追求したという

「大前提となるのは、乗員が快適に過ごしていただけるように頭のふらつきを少なくし、視線をなるべく安定させるというところです。4人乗りなら4人乗り、6人乗りなら6人乗りという特性に合わせて、設定とチューニングをしています」

Q:パワートレインにはダイレクト4を採用しました。なぜ4WDなんでしょうか?

「これも頭の揺れを少なくするといったことに繋がるんですが、レクサスが採用しているダイレクト4(モーターを使った4輪駆動しステム)は前後の駆動力配分を自在に変えられることが利点になります」

「とはいえこのクルマはスポーツ走行とか、ワインディングを気持ちよく走るといったことを狙ってはいない。そこでダイレクト4の技術を乗り心地に活かそうというアプローチからパワーユニットを設定しました。加速時、減速時に前後の駆動力配分を最適化することによって、上屋の前後の動き(ピッチング)が抑えられるのですね。あとは大きいトルク、パワー(システム出力371ps!)がゆとりにも繋がっていくので、雪路まで含めた安心感、静粛性を含めて、ダイレクト4を採用しました」

■6人乗りでもLMに求められるものは変わらない

ホイールは4座の「エグゼクティブ」と同じ19インチ。タイヤはミシュラン・プライマシーSUVの225/55R19

Q:実際に2列目に座ってみましょう。視界が開けていて解放感を感じますね。

「乗り心地に非常に関連が強い要素に視界情報というのがあります。「揺れ」と「視界の情報」が頭の中でうまいこと処理されればいいのですが、どちらかの情報が欠落していると、気持ち悪さを感じる。ですから視界の情報をなるべく入れてあげようというインテリアの考え方をしています」

「そのために注目していただきたいのが、このスライドドアの下のラインがまっすぐで、それが前に繋がっている点です。走行中のクルマの姿勢をすごくわかりやすいんですね。同時にインテリアテイストにもなるべく直線基調にして、シンプルな内装ということを心がけて開発しました」

「前にも触れましたが、頭揺れを少なくするこだわりをシート自体にも入れています。シート自体はLアニリンという表皮で、非常に柔らかな触感のいい表皮で、もともとは身体をしっかりとソフトに包み込むために採用したのですが、実は骨盤をしっかり立てて、かつ肩はあまりホールドしない点が頭揺れの低減にも有効だったんです」

内装色はこのソリスホワイトとブラックを用意。上質なLアニリンレザーを採用する

Q:新たに加わった3列目についてこだわった点は何ですか?

「使われ方やニーズは少し違いますが、6人乗りになってもLMというクルマに期待される性能は変わらないと思っています。そんな中でこの6人乗りのバージョンLで気にしたことは、6人それぞれのプライベートスペースがきっちり確保されていることです」

「たとえば、ルーフのスイッチも右席用、左席用とありますし、コントローラも同様です。リア席にもUSBとかカップホルダーなどが自分の居住スペースにきっちりある。だから大人6人が、ゆったりと長距離移動が快適にできるように、性能をきっちり作り込みました」

「マルチパーパスビークルというクルマですので、多人数で移動する、たくさんの荷物を積む、いろんな使い方を想定しながら、そのニーズに応えられるように開発しました」

ベストカーWeb:落畑さん、どうもありがとうございました!

【画像ギャラリー】6人が乗れるレクサスLMのディテールをたっぷり見て!(43枚)

投稿 アルファードとの628万円の価格差はどこにある? レクサスLM開発者に6座仕様「バージョン L」の「推しポイント」を聞いてみた! は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

人類が月に降り立ったのは55年も前! なぜいまになってトヨタや日産やブリヂストンが月面探索車両の開発を行うのか?
人類が月に降り立ったのは55年も前! なぜいまになってトヨタや日産やブリヂストンが月面探索車両の開発を行うのか?
WEB CARTOP
スズキ新「2階建てジムニー5ドア」実車初公開! 大人4名で「快適車中泊」可能!? 斬新仕様を展示した理由とは
スズキ新「2階建てジムニー5ドア」実車初公開! 大人4名で「快適車中泊」可能!? 斬新仕様を展示した理由とは
くるまのニュース
電動『Gクラス』でゴルフ選手権に参戦!? 587馬力でトロフィーを運ぶ
電動『Gクラス』でゴルフ選手権に参戦!? 587馬力でトロフィーを運ぶ
レスポンス
R33型スカイラインとは? 詳しく解説!
R33型スカイラインとは? 詳しく解説!
WEB CARTOP
全世界が目撃した“月面着陸”はリアルか? フェイクか?『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』
全世界が目撃した“月面着陸”はリアルか? フェイクか?『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』
バイクのニュース
鈴鹿8耐:決勝レース6時間|ホンダファクトリー、ライバル寄せ付けない快走続く。YARTヤマハ2番手で終盤へ
鈴鹿8耐:決勝レース6時間|ホンダファクトリー、ライバル寄せ付けない快走続く。YARTヤマハ2番手で終盤へ
motorsport.com 日本版
カワサキの「水素エンジンバイク」、鈴鹿8耐で世界初のサプライズ走行!
カワサキの「水素エンジンバイク」、鈴鹿8耐で世界初のサプライズ走行!
レスポンス
タイムを出すために生まれた、サーキット走行向け超ハイグリップタイヤ「SX-R」発売
タイムを出すために生まれた、サーキット走行向け超ハイグリップタイヤ「SX-R」発売
レスポンス
RBバイエルCEO、ペレスの去就を巡る状況について言及……夏の間に何らかの決断がある?「彼は今夜、よく眠れないはず」
RBバイエルCEO、ペレスの去就を巡る状況について言及……夏の間に何らかの決断がある?「彼は今夜、よく眠れないはず」
motorsport.com 日本版
リビングと寝室がセパレートされたトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
リビングと寝室がセパレートされたトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ダイハツ 斬新「軽バン“車中泊仕様”」初公開に大反響! “大人2人余裕”の巨大ベッド&テレビも搭載! オシャ内装の「バンテック・ルネッタ」に熱視線!
ダイハツ 斬新「軽バン“車中泊仕様”」初公開に大反響! “大人2人余裕”の巨大ベッド&テレビも搭載! オシャ内装の「バンテック・ルネッタ」に熱視線!
くるまのニュース
プロのクルマ鑑定師「アルファードはルーフを見よ!」その理由とは?【グー鑑定団 #2】
プロのクルマ鑑定師「アルファードはルーフを見よ!」その理由とは?【グー鑑定団 #2】
グーネット
年間6万km走行のドライブライターが熱弁! 「ハイウェイオアシス」の魅力とは何か? SA・PAとはどう違うの?
年間6万km走行のドライブライターが熱弁! 「ハイウェイオアシス」の魅力とは何か? SA・PAとはどう違うの?
Merkmal
レンジローバースポーツに、古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5つの特別仕様車「セレスティアル コレクション」を設定
レンジローバースポーツに、古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5つの特別仕様車「セレスティアル コレクション」を設定
Webモーターマガジン
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
20万人以上が熱狂したホンダのeモータースポーツイベント! 「Honda Racing eMS 2024」の開催決定
THE EV TIMES
角田裕毅、自身がレッドブルF1昇格に相応しいと考える理由とは?「以前は欠けていた部分があったけど……」
角田裕毅、自身がレッドブルF1昇格に相応しいと考える理由とは?「以前は欠けていた部分があったけど……」
motorsport.com 日本版
鈴鹿8耐:決勝レース4時間|ホンダファクトリー、3連覇へ向け視界良好? ノートラブル&ハイペースでライバル圧倒
鈴鹿8耐:決勝レース4時間|ホンダファクトリー、3連覇へ向け視界良好? ノートラブル&ハイペースでライバル圧倒
motorsport.com 日本版
KYOJO CUP、2025年からハイブリッド搭載フォーミュラを使用へ。新型車KC-MG01をお披露目
KYOJO CUP、2025年からハイブリッド搭載フォーミュラを使用へ。新型車KC-MG01をお披露目
AUTOSPORT web

みんなのコメント

28件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1500.02000.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1880.02600.0万円

中古車を検索
LMの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1500.02000.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1880.02600.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村