サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ミシュラン 2050年に向けて100%持続可能なタイヤ生産を目指す

ここから本文です

ミシュランは2021年3月2日、2050年までにタイヤを100%持続可能にする取り組みを進めることを宣言しました。

これを実現するための手段として、2017年に発表したVISIONコンセプト(エアレス、コネクテッド、3Dプリンティングの活用、100%持続可能原料を使用したタイヤ)の実現に向けた活動も加速されます。

フォルクスワーゲン コンパクトSUV「T-CROSS」を本格販売開始

現在のミシュランタイヤは主原料の天然ゴムに加え、合成ゴム、金属、繊維、強化剤(カーボンブラック、シリカ)、可塑剤(樹脂)、加硫用の硫黄など200種以上の素材で製造されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ