サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ アドレス110、クランクシャフト破損のおそれ…改善対策対象車両を7000台追加

ここから本文です
スズキは1月23日、原付2種スクーター『アドレス110』のクランクシャフトに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2015年7月15日~2018年11月27日に製造された1万8016台。

対象車両は、クランクシャフトの発電機ロータ取付部のテーパ加工が不適切なため、クランクシャフトと発電機ロータが正しく嵌合していないものがある。そのため、エンジン回転時にクランクシャフトの発電機ロータ位置決めキー溝に過大な荷重がかかり、最悪の場合、クランクシャフトが破損し、走行中にエンストに至るおそれがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ