サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ支持される? 日本サイズで個性派! 進化し続ける人気の小型SUV3選

ここから本文です

なぜ支持される? 日本サイズで個性派! 進化し続ける人気の小型SUV3選

■トヨタ、ホンダ、スバル 人気小型SUVのそれぞれの特徴とは

 自動車にも様々なジャンルがありますが、近年、個性的なデザインでスタイリッシュかつアウトドアにも使える実用的なクルマということで、日本市場でもSUVの人気が高まっています。ボディの上側は5ドアハッチバックやワゴンに準じた形状ですから、居住性や積載性が優れているのも人気の理由です。

トヨタ新型「ライズ」とダイハツ新型「ロッキー」は大ヒットする? 国内市場を見据えた小型SUVの実力とは

 いま日本で特に好調に売れているのは、全長が4.5m、全幅が1.8m以内に収まるコンパクトあるいはミドルサイズの車種です。

混雑した街中や駐車場でも運転しやすく、初心者ドライバーも安心できるからです。具体的には、トヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」、スバル「XV」が人気車種として挙げられます。また各車ともマイナーチェンジや改良などのテコ入れが入ったばかりです。そこで人気の理由は何か? この3車種を様々な視点で比べてみましょう。

 外観は3車種ともに個性が豊かです。デザインの評価は見る人の好みによって異なりますが、視界と取りまわし性は、安全と運転の楽しさに影響を与えるので比べてみましょう。

 XVの外観は水平基調です。前方と側方に加えて、斜め後方や真後ろの視界も優れています。スバルはもともと安全に対するこだわりが強く、ほかの車種についても全般的に視界が良いです。安全運転の第一歩は、車両の周囲に潜む危険を早期に発見することなので、スバルは視界にこだわるのです。XVもこの考え方に基づいてデザインされています。

C-HRは注意が必要です。外観は鋭角的で個性が強いですが、サイドウインドーの下端を後ろ側に向けて大きく持ち上げました。ボディ後端のピラー(柱)も太いため、後方が見にくいです。ヴェゼルもサイドウインドーの下端が少し高めですが、C-HRに比べると視界は良いです。

 全長はXVが4465mmで、C-HRは4385mm、ヴェゼルは売れ筋グレードが4330mmです。最小回転半径は、XVが5.4m、C-HRは5.2m、ヴェゼルは5.3m(18インチタイヤ装着車は5.5m)となります。後方視界、ボディサイズ、小回り性能は車種によって一長一短なので、購入時にはライバル同士で縦列駐車や車庫入れのしやすさを比べると良いでしょう。

 SUVには悪路走破力が高い車種も多く、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)も大切です。XVは200mmを確保しています。また駆動方式は全車がAWD(4WD)となり、悪路走破力と安定性を高めるXモードも装着しています。

 この機能は遊びに出かけた時の安心感も高めます。例えばキャンプ場などに出かけると、雨上がりのヌカルミで、立ち往生することがあります。路上のちょっとしたデコボコで、下まわりを擦る心配もあるでしょう。この時にXVは、AWDと200mmの最低地上高を兼ね備えているので安心感が高いです。また街中の駐車場と道路の段差などでも、ボディの下まわりを擦りにくいです。

 C-HRの最低地上高は、前輪駆動の2WDが140mm、4WDは155mmです。外観のカッコ良さを重視したこともあり、最低地上高は高くありません。ヴェゼルは2WDが185mm、4WDは170mmと余裕を持たせました。

最低地上高に余裕のある車種で注意したいのは全高です。天井が高まって全高が1550mmを超えると、立体駐車場を利用しにくくなる場合があるからです。XVは1550mm、C-HRは2WDが1550mmで4WDは1565mm、ヴェゼルは1605mmとされています。XVは最低地上高に200mmの余裕を持たせながら、全高は1550mmなので立体駐車場も使いやすいです。

■運転のしやすさが大きく変わる、エンジンフィールやインテリアの作り

 居住性と積載性にも注目しましょう。インパネの質感や前席の快適性は3車種とも優れていますが、後席には違いが見られます。

 身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間は、XVが握りコブシ2つ半、C-HRは2つ弱、ヴェゼルは2つ半です。XVとヴェゼルは後席も広く快適です。

 荷室はXVとヴェゼルでは余裕を持たせました。C-HRは外観のカッコ良さを重視してリヤゲートの角度を寝かせたので、背の高い荷物は積みにくいです。

 エンジンはXVが水平対向4気筒の1.6リッターと、2リッターのe-BOXER(ハイブリッド)を搭載しました。主力のe-BOXERには3種類のグレードが用意され、優れた燃費効率と併せて、実用回転域の駆動力も高めました。 

 たとえば2000回転前後で巡航中にアクセルペダルを緩く踏み増した時など、エンジンよりも反応の素早いモーターの駆動力が先行して立ち上がるため、ドライバーのアクセル操作に合わせて滑らかに加速できます。排気量に2リッターの余裕を持たせたので、高回転域の加速も活発です。

 C-HRは直列4気筒1.2リッターターボと1.8リッターハイブリッドを設定しています。1.2リッターターボは実用回転域の駆動力を高めて扱いやすいですが、車両重量は2WDが1400kg前後、4WDは1470kgに達するので、スポーティな性格のSUVとしては加速力が少し物足りないです。

 その点でハイブリッドはモーターの駆動力に余裕があり、パワフルとはいえませんが加速は滑らかです。ただし駆動方式の設定は、1.2リッターターボは2WDと4WDを両方用意していますが、ハイブリッドは2WDのみです。

 ヴェゼルのエンジンは直列4気筒1.5リッターで、ノーマルタイプ、ターボ、ハイブリッドを用意しています。排気量は1.5リッターですが、ノーマルタイプも直噴式です。車両重量は2WDが1200kg前後、4WDでも1270kgなので、パワー不足は感じません。

 ターボは当然ながらパワフルで、ノーマルエンジンの2リッターから2.2リッター相当の駆動力を発揮します。ターボの駆動方式は2WDのみですが、4WDも用意して欲しいです。ハイブリッドには4WDもあり、2組のクラッチを使う有段式7速ATを備えます。無段変速のCVTに比べると、メリハリのある変速が可能で、速度の微調節もしやすいです。ヴェゼルの発売当初は変速ショックが気になりましたが、今は改善されています。

 走行安定性は、各車種ともSUVの中では優れた部類に入ります。特にXVは全高を1550mmに抑え、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2670mmと長いので、直進時、カーブを曲がる時の両方で安定しています。AWDも優れた効果を発揮します。

 C-HRも足まわりがしなやかに伸縮して乗り心地も良好です。ヴェゼルはカーブを曲がる時に重心の高さを意識させますが、挙動の変化が穏やかに進むので不安は生じません。

 安全装備も見ておきましょう。XVは衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)の先駆的な存在とされるアイサイトを採用して、以前から歩行者、自転車、車両の検知を可能にしています。今は性能をさらに高め、後方の並走車両を検知して知らせたり、後退時の危険を防ぐ機能も用意しています。

 車間距離を自動制御したり操舵支援を行う全車速追従型クルーズコントロールには、新たにツーリングアシストの機能を加えました。先行車に追従しながら操舵を支援することが可能で、路上の白線を検知できない渋滞時でも、作動が中断されにくいです。

 このような綿密な運転支援も、ドライバーの疲労を軽減して安全性を高めます。先に述べたXVの優れた視界、さらにいえば後席の快適性も、車内の雰囲気を和やかにしてドライバーのストレスを抑えます。

 またXVは歩行者保護エアバッグも標準装着しています。自車の乗員だけでなく、周囲にいる人達すべての安全を考えて開発されました。歩行者保護エアバッグは、ほかの車種も採用して欲しい装備です。

 C-HRの衝突被害軽減ブレーキは、自転車の対応は今後の課題ですが、歩行者と車両は検知できます。後方の危険を検知する機能も採用しました。ヴェゼルの衝突被害軽減ブレーキも、歩行者検知が可能です。路側帯の歩行者と衝突する危険を検知した時には、ステアリングを操作して避ける機能も備えます。

 価格はXVにe-BOXER(ハイブリッド)とAWD、LEDヘッドランプや18インチアルミホイールなどを標準装着した充実装備の2.0e-Sアイサイトが税込287万1000円です。C-HRハイブリッドの2WD・Gで税込299万5000円です。
 ヴェゼルのハイブリッド4WD・Zホンダセンシングが税込298万186円です。

 このように見ると、XVは2リッターエンジンをベースにしたハイブリッド、AWDなどの機能を充実させながら、価格を割安に抑えています。ここで紹介したSUVは、いずれの車種も日本の道路環境に合っていて、機能と装備を充実させています。販売店の試乗車などを乗り比べて、購入する車種を判断されると良いでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します