サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト】テスト最終日は福住仁嶺がコースレコードをコンマ7秒上回るタイムでトップ

ここから本文です
鈴鹿サーキットで行われていたスーパーフォーミュラのテストは5日に最終日を迎え、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がコースレコードを0.717秒上回る1分35秒190のトップタイムを記録した。

鈴鹿サーキットで12月4日・5日の日程で行われたスーパーフォーミュラの「鈴鹿エンジン・ルーキードライバーテスト」の最終日は、初日に引き続き20台のマシンと22名のドライバーが参加。午前中はドライコンディションだったが計測システムのトラブルで中断があり、午後はいきなり雨が降り出すなど、混乱の一日となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ