サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【最後のロータリーエンジンをたしなむ】マツダRX-8 英国版中古車ガイド

ここから本文です

【最後のロータリーエンジンをたしなむ】マツダRX-8 英国版中古車ガイド

マツダ最後のロータリーエンジンとなるのか

text:John Evans(ジョン・エバンス)

【画像】マツダRX-8とコスモ・スポーツ 全43枚

translation:KENJI Nakajima(中嶋健治)


マツダRX-8は、英国で販売された最後のロータリーエンジン車だ。マツダは長所を活かし、ハイブリッド用パワートレインとしてロータリーエンジンの採用を検討しているようだが、復活は叶うだろうか。

フレンドリーな外観を持つ4シーターのスポーツカーには、1.3Lという小さな排気量のユニットが載っている。クラスをリードする動的性能を誇り、世界の走りを重視するクルマ好きから支持された。

改良を受けたロータリーエンジンは、9500rpmでレッドラインが切られている。しかもマツダRX-8の車重は1400kgを切っていた。

前後重量配分はほぼ50:50で、リアヒンジのフリースタイル・ドアと呼ばれる補助的なリアドアを装備。クーペのボディには、いま見ても稀有なパッケージングが与えられている。当時のマツダは、クワッド・クーペと呼んでいた。

RX-8が発表されたのは2003年。英国では192psのエントリーグレードと、231psのトップグレードの2種類が選べた。日本も含め、多くの市場ではATも選択できたが、英国に入ってきたRX-8はすべてMTだった。

2008年にマイナーチェンジを受け、スタイリングを手直し。サスペンションは引き締められ、加速の向上を図るために、トランスミッションはショートレシオのものへ変わっている。

何事も終わりは来るもので、RX-8は欧州の厳しい排出ガス規制をクリアできず、2010年に英国での販売を中止。2012年には広島での生産も終了してしまった。

しっかりした知識と整備が不可欠

今のところRX-8は、日産350Zや4代目トヨタ・スープラ並みの、カルト的な日本車ブームのステータスを得ていない。夏休みをマヨルカ島で過ごす費用より安く、充分に楽しめる中古車を英国では手に入れることができる。

ただし、やはり安いクルマほど注意は必要。特にRX-8では当てはまる。

ロータリーエンジンの維持には、状態が良くてもそれなりの費用が必要。ガソリンタンクの中身は、穴が空いているかのように燃えてなくなる。エンジンオイルの消費も少なくない。すべて、ヴァンケル・ユニットの特徴でもある。

マツダも、RX-8は1600km毎に250ccのエンジンオイルを消費することを認めている。推奨されている整備タイミング以上に、手間をかける必要がある。

一見状態の良いRX-8が安価に売られている理由は、エンジンのローターが時間とともに摩耗するため。混合気が隣の燃焼室内へ流れてしまい、圧縮比が下がり効率も下がる。パフォーマンスも低下し、最終的には故障に至る。

ちゃんとした売り手は、中古車として店先に並べる前にローターの圧縮をテストすることが多い。健全なRX-8かを調べる方法といえ、通常のレシプロ・エンジンでは行わないものだ。その結果に、売り手自ら落胆するかもしれないが。

一般的に、遅くても9万6000km毎には、エンジンの重点的なサービスが必要といわれている。走行距離と整備記録や明細の内容を確認して、ちゃんと試乗をしてから、現状では最後のロータリーエンジンを手に入れたい。

不具合を起こしやすいポイント

エンジン

ロータリーエンジンは、ピストン運動をするエンジンより、はるかに構造はシンプル。だが、致命的な故障をきたす場合もある。

気温やエンジンの温まり具合に関係なく、始動は2秒以内が理想。加速中のパワー感にフラットな回転域がないか、異音がないか注意する。圧縮テストも忘れずにしたい。

サスペンション

アンチロールバーのリンクの状態を確かめる。交換は比較的安くできる。リアエンドが不自然に下がっている場合、スプリングが腐食して折れている証拠。

初期のクルマは、フロント・ロアアームの不具合でリコールが出ている。

ステアリング

ユニバーサルジョイントが劣化すると、ステアリングホイールにコツコツと振動が出る。パワーステアリングの違和感は、ホース周りからセンサー上に垂れるクーラント液が原因の場合がある。腐食などが酷くなければ、クリーニングで直ることも多い。

ブレーキ

あまり不具合は起きない。長期間放置されていたクルマは、ピストンキャリパーの固着や、ブレーキディスクのサビに気をつけたい。

ブレーキの交換部品は手に入りやすく、交換費用もさほど高くはない。

ボディ

特に初期のRX-8は錆びる。2006年以前のクルマでサビのないものは珍しい。後付けのボディキットで錆びている部分が隠れている場合もある。ホイールアーチ内を触れて、腐食具合を確かめたい。

荷室のフロアやサブフレームも錆びやすい場所。

電気系統

あまり心配は不要。クーラント液センサーの不具合でも、ダッシュボード上の警告灯が付く。イグニッションコイルが交換されていない場合、新品へ交換しておきたい。

ちなみに、初期のRX-8のシートヒーターは、サイドサポートのみだった。

専門家の意見を聞いてみる

アイミー・ブラッドリー ロータリー・レブズ代表

「マツダRX-8は、高い評価を得てきたのにも関わらず、問題児的な見られ方もされてきました。エンジンの不具合や燃費の悪さ、ランニングコストの高さが原因です。RX-8に興味を持った人がいても、結果的に諦めるケースが多い理由ですね」

「もちろん、すべてのRX-8が悪いクルマ、というわけではありません。どこに注意するべきか、ある程度の知識さえあれば、バーゲンプライスでロータリーエンジンを楽しむことができるでしょう」

知っておくべきこと

ロータリーエンジン・ファンの間では、ステーショナリーギヤ・ベアリングの不具合が知られている。その場合、エンジン自体のリビルトが必要。

低回転域で油圧が低下すると生じやすく、潤滑が適切でないことが原因。内蔵された診断プログラムは、致命的な障害に至るまで警告を出してくれない。

もしエンジンが始動時にコツコツという音を伴い、アイドリングが不安定で、高回転域でも異音が出るようなら、専門ショップへ相談した方が良いだろう。

いくら払うべき?

1000ポンド(13万円)~1999ポンド(25万円)

英国の場合、ディーラーで下取りされたクルマが中心。整備記録の確認は忘れずに。

2000ポンド(26万円)~3499ポンド(45万円)

走行距離が短く、圧縮比も良好な231psのRX-8。

3500ポンド(46万円)~4999ポンド(65万円)

かなり手の加わったフェイスリフト前のRX-8。レアな40周年アニバーサリーモデルなども英国では見つかった。

5000ポンド(66万円)~7000ポンド(93万円)

手入れの行き届いた、フェイスリフト後のクルマが中心。整備記録の内容も安心できることが多く、走行距離も8万km以下となる。

英国で掘り出し物を発見

マツダRX-8 登録:2009年 走行:11万7400km 価格:4495ポンド(59万円)

フェイスリフト後の、見た目の良いRX-8。走行距離は11万kmを超えているが、しっかり整備はされている様子。販売店は全体的なメンテナンスを済ませ、圧縮テストもしているというから、安心材料にはなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します