サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > お祭りはなぜ秋に多いのか? 上総一之宮「玉前神社」(千葉県)での出会い/神社巡拝家・佐々木優太の「神社拝走記」【第4回】

ここから本文です

お祭りはなぜ秋に多いのか? 上総一之宮「玉前神社」(千葉県)での出会い/神社巡拝家・佐々木優太の「神社拝走記」【第4回】

山、河、海岸──人が住む場所に文化が育まれ、生活に寄り添うように神社もまた存在する。
神様を祀り、そこで行なわれる神事は土地に根付く文化といっても過言ではない。
今回紹介するのは、オリンピック開催地としても注目される千葉県は一之宮、1200年以上の歴史をもつ、房総最古の浜降り神事が行なわれる一之宮 玉前神社です。
 
※今回の記事は月刊オートバイ2017年11月号で掲載したものを加筆修正しております。

お祭りは、出逢いの場!ではありません……
祭りといえば、小さい頃は意味もわからず町内会の山車を引いていましたし、綿菓子やお面を買ってもらえる日だと思っていたような気がします。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売時期と予定価格が判明!

中学生の頃なんて「女子と会えるかもしれない場所」と、考えていたほどです。万年モテないグループだった僕にとって、町のお祭りは女子と話せるかもしれない絶好の機会。

しかし、万年モテないボーイは、何年たってもモテないボーイ。自分で勝手にドキドキしていただけで、お祭りで恋が始まったことは1回もありませんでした。

ギターを始めたのは、今思えばモテるための最後の手段だったのかもしれません。だとすれば、未だに結果は出ていませんが……。

今回の神社拝走記で向かったのは、千葉県一宮町に鎮座する玉前神社。
外房、九十九里浜の南部に位置します。早速、参拝させていただきます。玉前神社の最大の特徴は、手を合わせた時に、目の前に建つ社殿です。こちらの社殿は黒漆塗りで、かなり珍しいもの。

しかも、今年の3月に大修理が竣工したばかりなんです。社殿など境内の建築物を新しくした年は、神様の力が強くなると言われています。

とても良いタイミングで参拝。漆塗りの深さと神社建築の凹凸が相まって、静かな迫力を感じました。訪れた日は、ちょうど秋のお祭りの期間中。しかも例祭(れいさい)といって、1年で一番大きなお祭りの日の前日でした。

神社に到着した時には、大勢の人が準備作業をされていました。作業をされていたのは氏子の皆さんをはじめ、地域のみなさんでした。

こちらのお祭りは盛大で、周りの地域や神社から神輿が集結します。境内には既に2基の神輿がありました。神社だけではなく、近くの道路にも注連縄(しめなわ)が張られたりと、町も人も、まさにお祭りムードでした。

お祭りはなぜ秋に多いのか? その答えは「稲作」が関係している!
お祭りがなぜ秋に多くあるのか、その理由は日本人にも、また神社のルーツにも、とても関わりが深いのです。

秋のお祭りは、その年に稔ったお米を神様に感謝するために執り行なわれます。

日本人の主食は、お米です。なので、日本中で秋にお祭りが行なわれているんですね。昔々、天上界を治めていた神様が、地上も治めようと自分の孫を遣わせます。

その時に持たせたもののなかに稲がありました。その稲のお陰で、地上に住む僕たちの祖先は稲作を始められたというストーリー。

それなので日本人は、毎年秋に感謝の祈りを捧げてきたんですね。

モテない中学生ボーイのため、出会いの場を提供していたわけではありませんでした。

ところで、神社に納めるお金のことを初穂料といったりするのも、これに由来するとご存知ですか? 神様から教わった稲作。その稲作でできた最初のお米を、自分たちで食べてしまう前に、先ず神様へ感謝のために捧げる。

この稲穂のことを初穂と呼ぶそうです。そのことから神様や神社へ納めるお金を、初穂料というようになったそうです。

稲作は、国民性などにも影響を与えています。収穫はもちろんのこと、田植えや、稲作の全ての作業はひとりでは行なえません。秩序とチームワークが必要です。

この作業を繰り返してきたので、日本人は団体行動が得意だと言われています。自分の個性を最優先させたり、空気を読まなかったりすると、お米は作れませんからね。

日本人が外国から褒められる秩序やチームワークの所以も、稲作とお祭りにあったんですね。

玉前神社でも、神職や氏子の皆さんが一致団結! 力を合わせて、お祭り本番へ進んでいました。

邪魔をしてはいけないと、遠くで見守っていると氏子の親父さんたちから声を掛けてくださいました。

この日は、町をあげてのお祭りの日。立ち入り禁止になっている場所もありましたが、なんと氏子の方々のご厚意で、同行取材させていただけることになりました。

向かったのは、海岸。神社から数キロ離れたこの海岸に、鳥居が建っています。神社からは離れていますが、こちらも玉前神社にとって大切な場所なんです。

玉前神社の御祭神は、海を司る神様の娘神。海と密接な関係があるので、離れている海岸に鳥居があるんですね。

例祭日は、鳥居があるこの海岸にも神輿が来ます。準備でお忙しい中、皆さん手を止めて地元のお話などをしてくださいました。

旅先での地元の人たちとの出会いこそ、神社巡りで一番のご利益ではないかと改めて思いました。予想していなかった、現地の皆さんとの交流。

これからの神社拝走記でも、きっと多くの出会いが待っているのでしょう。鳥居がある海岸で、玉前神社の氏子の皆さんに別れを告げて出発。……旅は続く!

神社一口メモ

巨大なバケツ?

神社でよく見かけるコチラ。名前を天水桶(てんすいおけ)といいます。

文字通り雨水を溜めておくもので、防火用水として使います。消火栓の無い時代には、欠かせないものでした。側面の記録を見ると意外と古いものもあるので、チェックしてみてくださいね。

【この旅でいただいたご当地料理】

房総つけめん

千葉県長生郡一宮町一宮2114-60

見てください、この店構え。知る人ぞ知るお店! 

酸味の効いたスープは、ツーリングで疲れた身体にピッタリ。野菜もてんこ盛りで、なかなか「つけ」られません。

店主のおばちゃんのサービスに、優太感激!

[ アルバム : 写真をまとめて見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

文:佐々木優太/写真:関野 温/撮影協力:一之宮 玉前神社
※今回の記事は月刊オートバイ2017年11月号で掲載したものを加筆修正しております。

神社巡拝家・佐々木優太の公式サイト・著書
著書の情報

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します