サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型Vストローム1050は『〇〇みたいに楽しめる』って本当か?直撃取材で聞いてみた!@第5回Vストロームミーティング2019

ここから本文です

新型Vストローム1050は『〇〇みたいに楽しめる』って本当か?直撃取材で聞いてみた!@第5回Vストロームミーティング2019

EICMA2019(ミラノショー)で発表されたばかりの新型Vストローム1050が、11月10日(日)に行われた第5回Vストロームミーティング2019で日本初公開!  いちばん『知りたかった部分』をエンジニアの人に聞いてみました! 実際に跨って足着きもチェック! そして、このデザインは誰が考えた?

新型Vストローム1050が緊急公開?
一度は台風で延期になったものの、第5回目となるVストロームミーティング2019が11月10日(日)にスズキ本社前にて開催されました。

衝撃ニュース!ビモータとカワサキのタッグで生まれた「テージH2」誕生

公式発表前ですが今年の来場者は1100人オーバーだとか?

年々、勢いを増しているイベントです。

そんなイベントに開催直前でビッグニュース!

欧州ミラノショーで発表されたばかりの新型『Vストローム1050』がジャパンプレミアされることになったんです。

開会前からヴェールに包まれていた新型は……

スズキ株式会社の代表取締役社長である鈴木俊宏氏の開会の挨拶と共に……

バシッとアンヴェール!

この瞬間の会場のどよめきはさすがでした。

そしてその後、しばらくは展示車には近寄れないほどの人だかりに(笑)

新型Vストローム1050の『ネオレトロ感』がヤバいと思ったら……
それもそのはず。新型Vストローム1050は、1988年に発売され「DR-BIG」として愛された往年の名機「DR750S」がモチーフになっているんです……

と思ったら!!!

DR-BIGの『生みの親』登場!?
デザインを担当したのはこちら、宮田さん。

なんとこの方、ズバリ当時DR-BIGのデザインをしたその人でした……

本人かよっ!?!?

そこは、ご本人様も言ってらっしゃいました。

『わたしがデザインしたから似ていて当然ですよねぇ(笑)』って。

はい、みなさん!

この新型Vストローム1050は見た目がDR-BIGっぽいっていうか、その生みの親がそのまま手掛けておりました!!!

これもう『〇〇っぽい』っていうレベルじゃないです(笑)

そしてBMWのGSシリーズに先駆けること5年。

オフロードバイクならではのエアロフォルムがあっていいんじゃないか? と考えた宮田さんは、今やアドベンチャーバイクのアイコンとなる「クチバシ」デザインを世界で最初に考えた人だったのです。

そのデザインを受け継いで現代スタイルに落とし込んだVストローム1050……なるほどVストローム1050のネオレトロ感の謎が解けました。

でも気になるのは「走り」です!
バイクはカッコいいことが命!のわたくしキタオカとしては、このデザインはもう最高です。

文句なし。

ボクは往年のDR-BIGを現役で知らない年齢なのですが、新型Vストローム1050のデザインは問答無用……

ゴツい!

デカい!!

なんか強そう!

正面から見た時のボリュームも相当あって武骨&タフの塊です。

歴史的な背景を抜きにしても、この『冒険ギア感』はひと目惚れするレベル。

そうしてスタイルに満足すると、やっぱり気になるのが……

走りはどうなの?って部分ですよね!

それを「最も乗り込んだ人」に聞いてみました!

これまでのVストロームに7馬力を上乗せ!
新型Vストローム1050はスロットルボディを大きく(スロットルボアを45φから49φに大径化)したこと、そして電子制御スロットルでの緻密な制御によって排ガス規制に対応しながら約7馬力の最高出力アップを果たしています。

パワーアップは嬉しいことです。

でも個人的には『じゃあそれで乗ったフィーリングはどう変わったの?』ってところのほうが気になる!

そこに答えてくれたのはテストライダーの小島さんでした。

間違いなく、いちばんこのバイクを乗り込んでいる人です。

もちろん現行Vストローム1000との違いもわかっているはず。

そんな人に聞きました! 

実際どうなの? 新型の走りって???
そして小島さん曰く

『もちろん速くもなっていますがスロットルを開けた時がとにかく気持ち良いんです。これは本当にみんなに乗ってほしい!』

と、嬉しそうに答えてくれました!

ちなみに現行Vストローム650は、650ccながら高回転までどこまでも伸びるフィーリングが最高に気持ちいいエンジンなのですが、新型1050はそういう『回転の上昇感』が楽しめるバイクになっている、とのことです!

『安定感、スタビリティアップをしつつ、乗り心地も柔らかく快適になっています。そのうえで、どこまでも伸びていくようなエンジンフィーリングを安心して楽しめるんです。ドライブモードセレクト(S-DMS)もあるので、乗っていて本当に飽きないんですよ!』

おおお、これはちょっと楽しみ!?

ボクが聞いている限りの個人的な印象としては、現行Vストローム650の扱いやすさ・安心感・気持ち良さが、そのままリッタークラスで楽しめるんだぞ! という雰囲気でした。

小島さんが言う『加速の伸びの気持ち良さ』はかなり気になる!

650みたいに回す気持ち良さがある新型Vストローム1050……これは期待が膨らみます!

新型Vストローム1050は、使い勝手から質感までこだわった!
『今回はこれまで多かったお客様の要望にかなり応えることができたと思います』

というヤツイさんは、エンジン担当ながら全体的にVストローム1050に関わった様子でした。

『要望の多かったヘルメットホルダーのほか、シート高のアジャスト機構、USBソケットなど乗る人への気遣いをたくさん実現できたと思います』

『メーター上側のバーはナビやスマホなどのマウントもできるようにしています。細かい部分ではネジの色などにもこだわりましたし、全体的な質感を大きく上げられたと思います』

インパクト大のデザインに、伸びの良いエンジン、そして細やかな気遣い。

これは早く乗ってみたいですね!

この時期に欧州ミラノショーで発表されたっていうことは、発売時期のイメージはKATANAに近いかな?

来年2020年の5月~6月あたりに注目したい!

いちばん左の開発のチーフを務めた寺田さんとしては

『Vストロームらしさは変わらないまま。Vツインの鼓動感もありつつ、上がしっかり回るエンジンを楽しみにしていてください』

と自信たっぷり!

そして先のデザイン担当の宮田さんも

『自分のバイクがいちばんだ! と自信を持てるデザインにしました』

ということです。

新型Vストローム1050、発売が楽しみすぎる!

足着き性とライディングポジションは?
基本的なライディングポジションは身長176cmのライダーの場合で、ご覧のとおり直立に近い快適ポジション。

膝の曲がりにも余裕があって1日1000kmの旅も余裕でこなせそうな印象です。

シートは前方がかなり絞り込まれているので、標準となるシート高850mmでも、体感的には830mmくらいかな?と思ったほどでした。

滑りにくい表皮で疲れなさそうだし、ツートーンのお洒落感も良いですね!

肝心の足着き性はスニーカーで両足カカトが軽く浮く、というレベルでした(身長176cm)。

足着き性に不安はほぼありません。

ステップに片足を上げたら、地面に着く足は完全にベタ足にできます。

身長170cmくらいのライダーなら取り扱いは余裕でしょう。

それにしても実車の新型Vストローム1050、かなり良かった!

めっちゃタフ感あります。

個人的にはイエローのインパクトがヤバすぎる。

発売に今から期待が高まります!!!

レポート:北岡博樹

スペックなど詳しい情報はこちらから!
カラーの人気投票も実施中!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します