サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、WTCR最終戦にワイルドカード参戦。ホンダ・シビックを駆る

ここから本文です

ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、WTCR最終戦にワイルドカード参戦。ホンダ・シビックを駆る

ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、WTCR最終戦にワイルドカード参戦。ホンダ・シビックを駆る

 スーパーGTではGT500クラスで長年日産のエースとして活躍し、2019年は7号車D'station Vantage GT3のドライバーとしてGT300クラスに参戦したジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ。彼は12月13日(金)~15日(日)にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行なわれるWTCR(世界ツーリングカーカップ)最終戦にワイルドカード参戦することとなった。

 参戦チームはスーパーフォーミュラなどでもお馴染みのKCMG。マシンはホンダ・シビックタイプR TCRである。彼がKCMGからレースに参戦するのはこれが3回目で、過去にはニュルブルクリンク24時間、キャラミ9時間を戦っているが、いずれも車両は日産GT-R NISMO GT3だった。

■ワイルドカード参戦の富田&宮田が感じたWTCRドライバーの“すごさ”とは?

「セパンでのWTCRレースに参加できることを楽しみにしている」とオリベイラは語った。

「TCR車両はこれまでドライブしたことがないので、大きな挑戦になるけど、早く適応して競争力の高さを見せたいと思う」

「僕の目標は、より経験豊富なドライバーに戦いを挑んでトップ10を争うことだ」

 KCMGは今季、WTCRに2台のマシンをフルシーズンエントリーしており、ティアゴ・モンテイロとアッティラ・タッシがそのシートに収まっている。そして10月の鈴鹿戦と11月のマカオ戦には3台目をエントリーし、香港人ドライバーのジム・カ・トがドライブしていたが、オリベイラはそこに入れ替わる形で参戦する。

 KCMGのチーム代表であるポール・イップは次のようにコメントした。

「マレーシアでの最終戦でジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがKCモーターグループに参加することを嬉しく思う」

「彼は今年、ニュルブルクリンク24時間とキャラミ9時間に(KCMGから)参戦したが、それはチームにとって価値あるものになった。彼はそのスピードもさることながら、詳細なフィードバックもチームに提供した」

「彼にとってホンダ・シビックタイプR TCRを駆る初めてのレースとなるが、我々は彼が問題なく順応して競争力を発揮すると確信している」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します