サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?

ここから本文です
2021年9月の国内における新車販売台数は、前年の9月に比べて32%減少した。小型/普通車は30%、軽自動車は36%と大幅に減った。2021年7月は5%、8月は2%のマイナスだったから、9月に入って大幅に落ち込んでいる。売れ行きを下げた原因は、コロナ禍の影響によって生じた「納期の遅れ」だ。

トヨタの販売店では「2021年10月上旬に契約をいただいて、納車できるのは、大半の車種が2022年1月以降。以前なら11月から12月に納車できたが、今は来年になる。『ヤリスクロス』は3月以降、『ハリアーハイブリッド』は6月以降に遅れる」と述べている。

おすすめのニュース

サイトトップへ