サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミハエル・シューマッハーは努力家、ルイス・ハミルトンは天才肌? かつての“戦友”フェリペ・マッサがふたりを分析

ここから本文です

 2020年のF1第12戦ポルトガルGPで、ルイス・ハミルトン(メルセデス)はF1通算92勝目を挙げた。これはミハエル・シューマッハーの91勝を上回り、歴代単独トップの数字となった。

 ハミルトンはこれで今季8勝目となり、ドライバーズタイトル獲得にも大きく前進した。彼が自身7度目のタイトルを獲得すれば、こちらもシューマッハーの持つ歴代最多記録に並ぶことになる。こういった背景もあって、シューマッハーとハミルトンというふたりの偉大なドライバーの比較が盛んに行なわれるようになった。

■記憶に留めておきたい……ハミルトン、シューマッハーの最多勝記録に並び”感無量”

 そんなふたりのどちらとも関係が深いのが、フェリペ・マッサだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ