サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ新型セダンを投入? 国内市場縮小でも新型モデルが発売される理由とは

ここから本文です

なぜ新型セダンを投入? 国内市場縮小でも新型モデルが発売される理由とは

■国内のセダン市場縮小傾向でも新型セダンは相次いで登場

 かつては、高い人気を誇ったセダンですが、年々全体的な販売台数が減少しているほか、現行ラインナップからセダンを廃止している国産メーカーもあります。

日産が脱オッサンセダンに成功!? スカイライン史上最強「400R」なぜ若者に人気なのか

 一方で、新型車やフルモデルチェンジなどでセダンのラインナップを刷新しているメーカーもありますが、なぜ縮小傾向にあるセダンを整理せずに販売し続けるのでしょうか。

 かつて、クルマのボディタイプといえば「セダン」が大半でした。1980年代まではのクルマは、そのセダンのシャシをベースにクーペやワゴン、バンという形でラインナップを多くしていったのです。

 しかし、時代やユーザーのニーズか変化するとともに、それぞれのボディタイプは個別化され、コンパクトカーやステーションワゴン、ミニバン、SUVの元となるクロスオーバーなどそれぞれの市場が成熟してきています。

 なかでも、扱いやすいボディサイズのコンパクトカーや、友達や家族など大勢で出掛けることのできるミニバンは、人気のジャンルです。

 また、最近では本格的な悪路走破性を持たないもののレジャーなどでの使い勝手の良いSUV市場も盛り上がりを見せています。

 一方でセダンは扱いやすさ、多人数乗車、レジャーでの使い勝手を兼ね備えてないモデルも多いため、近年のニーズには合わないボディタイプとなりつつありました。

 2020年2月現在、国産メーカーが国内市場でラインナップしている数は、トヨタ全10車種、ホンダ全7車種、日産全5車種、スバル全3車種、マツダ全2車種、ダイハツ全1車種となっています。

 スズキは、「キザシ」を2015年に廃止してからセダンがなくなりました。三菱は、日産「フーガ」、「シーマ」のOEM車である「プラウディア」、「ディグニティ」を2016年に販売終了しました。

 また、日産は「ティアナ」を2020年に生産終了する予定です。トヨタは、2019年に「マークII」から続いてきた「マークX」を生産終了し、約50年の歴史に幕を閉じました。

 さらに、トヨタはこれまで4チャネル(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)で専売していた車種を全店で全車種を取り扱えるようにするとしています。

 これにより、同じクルマでも車名や外観デザインを変えて販売する必要性が無くなったことから、セダンの「アリオン(トヨタ店)」「プレミオ(トヨペット店)」を統合または廃止する可能性も出てきているのです。

 セダンのラインナップについて、自動車メーカーのスタッフは次のように話します。

「現在、国内市場の販売台数は伸びてきてはいますが、売れる車種の傾向は偏りつつあります。そのため、各自動車メーカーはラインナップの整理をおこない、売れる車種を残す方向性になってくると思われます。

 各社で事情は異なるので一概にはいえませんが、各市場のなかでもセダンの縮小傾向が大きいことから最初にラインナップの整理として、手を付けやすいのかもしれません。

 しかし、縮小傾向ながらも50代以上のお客さまからは依然として、セダンのニーズがあるのは確かです。そのため、大きな販売台数は見込めなくてもメリットがある車種に関しては、フルモデルチェンジをおこなっているのだと思います」

※ ※ ※

 最近、発売された新型モデル(フルモデルチェンジ含む)では、2017年7月にトヨタ「カムリ」、2018年6月にトヨタ「センチュリー」と「クラウン」、同年12月にホンダ「インサイト」、2019年5月にマツダ「マツダ3」、同年9月にトヨタ「カローラ」、2020年2月にホンダ「アコード」と相次いで登場。さらに、2019年7月には日産「スカイライン」がビッグマイナーチェンジを遂げ、大幅に刷新されています。

■セダン人気復活の鍵は「若者」?

 セダン人気が低迷しているなかで、各国産メーカーの販売店はどのような販売戦略を打ち出しているのでしょうか。

 また、セダンを多く扱うトヨタとホンダの販売店スタッフは次のように話します。

「トヨタのセダンラインナップは、アリオンやプレミオを除けばそれぞれの役目を持っているため、そこまで被っている車種はありません。

 センチュリーやミライは別格なほか、ハイブリッド専用のプリウス、プリウスPHV、高級セダンの代名詞であり歴史のあるクラウン、スポーティかつ若年層に向けたカムリなど個性がわかれています」(トヨタ販売店スタッフ)

「ホンダでは、エントリーモデルのグレイスからフラッグシップモデルのレジェンドと全7車種のセダンがあります。

 実際の販売面では、レジェンドは高級モデルのため多くの販売台数を期待できず、クラリティPHVはハイブリッド車と似たパッケージながら600万円近いことからこちらも販売台数は見込めません。

 また、アコードとインサイトはどちらもハイブリッド車のみの展開となり、ボディサイズやデザインなどで差別化がしにくくなっています。

 販売店としては、売れる種類が多いのは嬉しいですが、いまは軽自動車のN-BOXやコンパクトSUVのヴェゼル、ミニバンのフリード、そして新たに発売された新型フィットが主力となっているので、セダンが欲しいお客さま以外には積極的におすすめしてはおりません」(ホンダ販売店スタッフ)

 一方で、前出のスカイラインはビッグマイナーチェンジを遂げて、好調な販売を見せています。スカイラインの2018年の年間販売台数は約2000台でしたが、マイナーチェンジ後の3か月で1974台を受注し、前年の年間販売台数と同等の台数を記録しているのです。

 マイナーチェンジ後のスカイラインについて、日産は次のように話します。

「新型スカイラインは当初の想定以上にガソリン車の割合が高くなっており、そのガソリン車のなかでもスポーティグレードの400Rは約6割を占めます。発売以来のグレードごとの月別販売実績でも、400Rがナンバーワンの人気です。

 また、購入者の平均年齢が50代後半というセダン市場のなかで、400Rの購入者の約3割は40代以下となっており、驚いております」

※ ※ ※

 また、前出のカムリも2018年にスポーティな新グレード「カムリ WS」を追加で発売しています。

 カムリ WSの導入背景やデザインコンセプトについて、チーフエンジニアの勝又正人氏は次のように話します。

「もともと、導入済みの2017年に発売した10代目カムリについても、常に若者に購入してほしいと考え企画しました。年齢層としては、30代後半から40代前半の方に購入していただけたらと思い開発しました。ただ、10代目カムリにおいては先代カムリからの乗り換えが多く、50代後半の方で占めています。

 また、他社の国産ラグジュアリーセダンや欧州メーカーのミドルセダンに乗っているようなお客さまから『久しぶりに気になるクルマがあるんだけど』という形で販売店に足を運んでいただいています。

 今回のカムリ WSについては、先行受注の段階において予想より若い20代や30代の方々にもご購入いただいているのには正直、ビックリしています」

※ ※ ※

 このようにセダン市場全体では、縮小傾向にはあるものの、「スポーティ」や「若者向け」といった従来のセダンに対するイメージを覆すモデルであれば、セダン人気の復活もあるのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します