サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マグヌッセンが去るチップ・ガナッシ、2022年のドライバー選定と2台目のキャデラックDPi投入に注力

ここから本文です
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦しているチップ・ガナッシ・レーシング(CGR)は、2023年のLMDh時代に向けたメーカーとの強化された取り組みの一環として、来季のDPiクラスに2台目のキャデラックDPi-V.Rを投入しようとしている。

 アメリカの名門チームは現在、ランガー・バン・デル・ザンデ/ケビン・マグヌッセン組の01号車キャデラックを北米のスポーツカー選手権で走らせているが、後者の元F1ドライバーは2023年のWEC世界耐久選手権にデビューするプジョーとの新しい契約によって、今シーズン限りでチームを去る予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ