サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「浅間神社」が祀られた理由とは? 山梨県河口湖町〈河口浅間神社〉へ/神社巡拝家・佐々木優太の「神社拝走記」【第3回】

ここから本文です

「浅間神社」が祀られた理由とは? 山梨県河口湖町〈河口浅間神社〉へ/神社巡拝家・佐々木優太の「神社拝走記」【第3回】

さまざまなものに神様が宿るといわれております。バイクも然りかな? そんな神様を祀っている神社は、アナタの住んでいる街にも必ずあるはずです(日本限定)。とっても身近に感じる神様に、そして神社に、お参りしてみてはいかがですか?
今回ご紹介する神社は、河口湖にある河口浅間神社です!
 
※今回の記事は月刊オートバイ2017年10月号で掲載したものを加筆修正しております。

河口浅間神社では雨もご利益のひとつ?
全国の神社を巡り始めて、7年が経とうとしています。不思議なことに、これまで参拝中は雨に降られたことがあまりありません。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の写真と予定価格!

例え雨が降っていても神社に到着すると止み、そして次の神社への移動を開始するとまた降りだす。

なのに次の神社へ到着するとまた止む。こんなことはザラでした。

ごく少数ですが、土砂降りだった神社もあります。しかし、そういうとこに限って水や雨に関する神社だったりします。

とにかく雨に降られることは滅多になかったのです。まさに自他共に認める晴れ男。

それがどうでしょうか。これまで参加させていただいたRIDE集会は全て雨! 止んでいても僕が登場すると……雨。やっと晴れ間が出てきたということで、愛車SR400に腰かけてギター弾き語りをしようとすると雨。

日頃の行ないが相当悪いのか、いつの間にか「神社の人」から「雨の人」になってしまっていました。

集会に参加した皆さん、次は晴れるように日々の行ないを正しますからね。

ということで意気込み挑んだ今回の神社拝走記! 参拝した当日はというと……、ご想像のとおり、雨でした。

スタッフの皆さんの視線が痛い。わかってます、わかってますよ。しかしポジティブに考えれば、これもご利益。なぜって?

こちらの神社は、火山を鎮めるために祀られたのです。

今回参拝させていただいたのは、山梨県は富士河口湖町に鎮座する浅間神社。

浅間神社と言えば、富士山を中心に静岡県や山梨県に多く存在している神社です。

御祭神は、コノハナサクヤヒメ。この神様、何を隠そう富士山に宿る神様なんです。

日本一の山に宿るには、それなりの理由があります。まず、めちゃくちゃ美人ってことです。天皇の祖先が、美人のコノハナサクヤヒメにひと目惚れ。

その求婚に応えた父親は、コノハナサクヤヒメとその姉をペアで嫁がせました。しかし、姉の方は追い返されてしまいます。姉の名はイワナガヒメ。

美人ではないけれど「岩」には永い命があります。妹のコノハナサクヤヒメは、美人ではあるけれど「花」、命には限りがあります。

2人をペアで嫁がせたのには訳があったのに……、天皇の祖先は美人としか結婚しなかった。命に限りがある「花」だけを選んだせいで、その後生まれてくる子孫には寿命ができてしまいました。

という、歴史上においてもかなりのキーパーソン。

さらに出産のエピソードが強烈です。一夜で身籠ったコノハナサクヤヒメは、夫に疑われてしまいます。

夫の子だと証明するため、燃えている小屋で出産をしました。

この出来事で火の神様とされ、山の神である父親から富士山を譲られたそうです。燃える小屋と火山、出産と噴火、これらのイメージが一致したとも考えられますね。

そんな訳で浅間神社という名前の神社は、富士山を中心としたエリアに多く存在していますが、例外もあります。

千葉県にも浅間神社があります。遠く離れた地ですが、昔はそこからよく富士山が望めたそうです。

とにかく、富士山に縁が深い所にある神社なんですね。東海や関東圏以外にお住いの方々には、馴染みが薄い神社かもしれません。富士山の近くを疾走る時は、気にしてみてくださいね。

もし見かけたら、そこは富士山に縁深い場所なのかもしれません。

河口浅間神社も、西暦860年代の噴火を機に祀られたといわれています。噴火を鎮めるために。
そう、雨は僕のせいじゃありません。こちらの神社のご利益です。

本殿から少し行ったところに滝があります。近くまでバイクで行けます。バイクを降り、林道を少し歩く。その先にある滝。自然のエネルギーを受け、ツーリングの疲れをリフレッシュ! チャンスがあれば、是非こちらにも足を運んでいただきたいです。

「浅間神社」音読みと訓読みで違いがあるの?
ところで「浅間神社」を何と読みましたか? 「せんげん」でしょうか、それとも「あさま」でしょうか。

ここ河口浅間神社は「あさま」です。これには諸説ありますが、実はよくわかっていません。訓読みと音読みの違いと言えば、八幡と書いて「やはた」と読む場合と「はちまん」と読む場合があります。

訓読みは、漢字が伝来する前から日本にあった音。

一説には音読みのところは、仏教の影響を受けたことの名残だとか。つい150年前まで、実はお寺と神社は同じ敷地に建っていました。

お坊さんが、神社を管理していた場合もあったそうです。明治になって、神社とお寺を明確に分けることになりました。

言われてみれば、神社とお寺が隣り合っているのをよく見かけませんか? そんなところを見付けたら、そこは昔お寺と神社が一緒だったのかもしれません。

例えば、東京の浅草寺と浅草神社。こちらは同じ敷地と言ってよい程に隣り合っています。昔は一緒だったそうです。

今は浅草と書いて「せんそう寺」と「あさくさ神社」の、音読みと訓読みに分かれています。

河口浅間神社の読みが「あさま」であることにどんな歴史があるのか、はっきりとわかっていません。

しかし、全ての神社が「そこに建つ意味」を持っています。どんな歴史が潜んでいるのか、ふとヘルメット越しに気になった神社の名前に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

神社ひとくちメモ

「鈴緒は引く!」

神社にお参りする時に鳴らすあの鈴。左右に振ったり、綱を打ち付けるように鳴らしていませんか?

そうやっても、あまり鳴らなかったはずです。実はあれ、上下に引っ張るように揺らして鳴らします。

そうすればきっと、うまく鳴るはずです。試してみてくださいね!

文:佐々木優太/写真:関野 温/撮影協力:河口浅間神社

[ アルバム : 写真をまとめて見る! はオリジナルサイトでご覧ください ]

神社巡拝家・佐々木優太の公式サイト・著書
著書の情報

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します