サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニ史上最強のV12自然吸気エンジンを搭載!ワールドプレミアに向けサーキット専用ハイパーカー「SCV12」の開発が完了

ここから本文です

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのサーキット専用ハイパーカー「ランボルギーニ SCV12」の開発が完了し、 2020 年夏に開催予定のワールドプレミアに向け始動した。

ランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレがデザインを手掛け、ランボルギーニ史上最強の V12 自然吸気エンジンを搭載する SCV12 は、高速で空力を利用したスーパーチャージにより 830hp を超える。

いま選ぶべき輸入車傑作選「JEEP RENAGADE TRAIL HAWK」「ウルス」「T-CROSS」ほか7車種をチェック

SCV12 は、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが GT モータースポーツで培った経験を活かし、GT3 car より 高い空力効率とダウンフォースを実現。

おすすめのニュース

サイトトップへ