サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【10年ひと昔の国産車 03】日産キューブは世界でもニューウェーブとして評価された!

ここから本文です

【10年ひと昔の国産車 03】日産キューブは世界でもニューウェーブとして評価された!

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前の国産車は環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は「日産 キューブ」だ。

日産 キューブ(2008年)
ひとクセあるアシンメトリー(左右非対称)は髪型やアクセサリーでも気になるもの。その微妙なバランス加減に人は惹かれてしまうのだろう。これはクルマでも世界共通のようで、国内専売車だったにもかかわらず、先代キューブのデザインは世界中で絶賛された。世界戦略車となる新型も、このデザインテイストを踏襲しながら、新たなデザイン要素が加えられている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

さまざまなところからインスピレーションを得て作られた新型キューブ。エクステリアは愛嬌満点でドッシリと構えた「ブルドッグ」、インテリアは人を心地よく迎えてくれる「ジャグジー」、メーターは自然界の象徴である「月と地球」、一滴の雫から輪が広がり共鳴しあうという「波紋」は天井やカップホルダーの底など、細かいところまで20個も散りばめられ、これらがピースフルというキューブのコンセプトを体現し、特有の雰囲気を与えている。

また、大型のガラスルーフ(スタイリッシュガラスパッケージ)を選択すると「SHOJI シェード」という3段階に光を調節できる遮光シェード、面積を調整できるサンバイザーも装備される。細かい配慮が行き届いているのが実に日本的。「世界に出て行く!」という意気込みが伝わってくる。

シートの出来も上々。とくにリアシートは座り心地を追求し、複雑な折りたたみ機構などはあえて採用しなかった。背もたれが前方に倒れる、もしくはリクライニングするだけと割り切りのいいものだ。これが居住空間の快適性や、ゆとり感をより高めている。

独特の世界観を持っている希有なクルマだ
かなりデザインコンシャスなクルマではあるが、運動性能もかなりレベルアップしている。ベースとなったのは先代同様、マーチから始まったBプラットフォームだが、ホイールベースを100mm延長。足まわりはキャンバー剛性やリアサスペンションのバネ定数アップ。応答性が過敏だったり遅過ぎたりしないハンドリングを実現するために高性能ショックアブソーバーを採用するなどして、自然でしなやかな乗り心地を実現している。

ちなみにオススメは16インチアルミホイール装着モデル。微振動がより抑えられ「こんなに効果があるとは!」と改めて驚かされてしまった。

パワートレーンは、1.5Lエンジンンに、ティーダにも採用されたアダプティブシフトコントロールを奢ったCVTが搭載されている。急な飛び出し感がなく、スムーズな出足のよさは特筆すべき点。高速道路への合流時でも、むやみにアクセルを踏み足すことなくクルージングに移れる。最小回転半径は4.6m。だが、数値以上に小まわりがきく印象だ。

フロントフェイスはブルドッグをイメージしたという。ならば、一緒にいて楽しくて頼れるブルドッグを連れ出して、どこかに出掛けてみるのも良さそうだ。

■日産 キューブ 15G 主要諸元
●全長×全幅×全高:3890×1695×1680mm
●ホイールベース:2530mm
●車両重量:1210kg
●エンジン種類:直4 DOHC
●排気量:1498cc
●最高出力:80kW<109ps>/6000rpm
●最大トルク:148Nm<15.1kgm>/4400rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●10・15モード燃費:19.2km/L
●タイヤ:195/55R16
●当時の車両価格<税込み>:191万1000円

[ アルバム : 日産 キューブ はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します